一般用医薬品(大衆薬)に関する調査 | リサーチ・市場調査・マーケティング

MENU

健康・医療

健康やストレス、病気に関する調査結果を掲載
2009/5/29

一般用医薬品(大衆薬)に関する調査

2009年6月1日より施行される「改正薬事法」により、一般用医薬品(大衆薬)を取り巻く環境は大きく変化しようとしています。本調査は、消費者の一般用医薬品(大衆薬)に関する意識や購買実態、今後の購買意向を明らかにすることを目的に実施いたしました。

全12ページ1001KB
改正薬事法施行後の一般医薬品の購入意向に大きな変化はなく、「ドラッグストアチェーン」が8割超で最も高い。

調査結果のトピックス

  • 「改正薬事法」の認知率は8割を超える。理解率は6割にせまるが、三大都市圏と地方都市で7ポイント程度の差異。
  • 一般医薬品購入時の重視ポイントは「効果の確実性」が最多。女性は「飲みやすさ/ 使いやすさ」を重視する傾向にある。
  • 消費者は「ブランド」よりも「低価格」、「新成分」よりも「使い慣れている医薬品」、「有名ブランド」よりも「店員のすすめ」  を重視する傾向にある。

調査概要

調査手法 インターネットリサーチ(クロス・マーケティング アンケートモニター使用)
調査対象 全国20~69歳の男女
調査期間 2009年5月15日(金)~2009年5月19日(火)
有効回答数 1,200サンプル(人口構成比に基づいて割付)

当社で実施した調査レポートを無料で配布しております。

ダウンロードしたい無料調査レポートの「Download」にチェックをつけて、「ダウンロードに進む」をクリックしてください。

 

全12ページ1001KB