大学生のスマートフォンに関する実態調査 | リサーチ・市場調査・マーケティング

IT・家電

インターネットやSNS、スマートフォン、家電などに関する調査結果を掲載
2014/4/7

大学生のスマートフォンに関する実態調査

株式会社クロス・マーケティング(本社:東京都中央区、代表取締役社長:五十嵐 幹)は、新1年生を含む大学生・短大生・大学院生を対象に、スマートフォンの現在の保有状況および今後の買い替え・新規購入の予定、スマートフォンの使用方法などを聴取し、大学生のスマートフォンに関する実態を調査しました。

全73ページ5447KB
大学生のスマホの保有率は72%
スマホ保有者の84%がノートPCも保有しており、
使用目的に応じて、賢くスマホとノートPCを使い分け。
大学生のスマートフォンに関する実態調査 図1

調査結果のトピックス

  • 大学生のスマホの保有率は72%。一方、ガラケーは23%。大学生の約3/4はスマホユーザーである。
  • 大学生スマホユーザーの84%がノートPCも保有しており、動画鑑賞や勉強は、ノートPCで行っている。
  • 買い替えのきっかけは、2年契約の終了、端末が古くなったこと。次いでより高性能な端末が欲しくなったこと<図1>

調査概要

調査手法  : インターネットリサーチ(クロス・マーケティングアンケートモニター使用)
調査地域  :東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、大阪府、京都府、兵庫県、北海道、宮城県、愛知県、広島県、福岡県
調査対象  : 新1年生を含む大学生 ※新1年生>国立大学入試の前期日程合格者までを対象
調査期間  : 2014年3月14日(金)~3月18日(火)
有効回答数 : 1,733サンプル

当社で実施した調査レポートを無料で配布しております。

ダウンロードしたい無料調査レポートの「Download」にチェックをつけて、「ダウンロードに進む」をクリックしてください。

 

全73ページ5447KB