ログイン

調査相談

お見積もり

資料請求

お問い
合わせ

フリーダイヤルでのお問い合わせ

受付時間 平日9:30 - 18:30
0120-198-022

検索

Survey Report
無料調査レポート

クロス・マーケティングで実施した調査レポートを無料で提供しております。 ダウンロードしたい無料調査レポートの「Download」にチェックをつけて、「ダウンロードに進む」をクリックしてください。 カテゴリやタグから調査のテーマや内容別に検索することも可能です。

  • ライフスタイル

外食に関する調査

2020 / 06 / 30

#生活 文化,#消費者行動,#トレンド

外食に関する調査

株式会社クロス・マーケティング(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:五十嵐 幹)は、全国20歳~69歳の男女を対象に「外食に関する調査」を実施しました。 緊急事態宣言が全国で解除されてから1か月がたち、テイクアウトや家での食事でだけでなく、店舗で外食する人も徐々に増えているようです。今回は外食に関して、外食をした店舗の業態や、店舗のコロナ対策への不安度などについて分析しています。

今回はクイックリサーチ「トレンドeye」として、より速報性を重視した調査となっているため、レポートはございません。クロス集計表がダウンロードできますのでそちらをご覧ください。

74.52 KB (自動取得)

  • 2人に1人が、2週間以内に外食
    店舗の新型コロナ対策には、まだ不安も

調査結果トピックス

5割以上が直近2週間以内に外食を経験
外食店舗の業態は「コーヒーショップ」「ファミレス」「和食・寿司屋」が上位3位


20代における外食率が高く、一人暮らしにより、外食機会の多い様子が窺える。「居酒屋」は8.2%と全体の6位にとどまった。<図1>


外食に行きつつも、3割弱が【店舗の新型コロナ対策】に対して不安を感じている

「不安を感じていなかった人」は51.5%と、「不安を感じた人」を上回る。1都3県(東京・神奈川・千葉・埼玉)の在住者は不安を感じた割合が高く、新型コロナへの警戒心が他県に比べやや強い。<図2>


3週間前と比べ、複数人での外食を「してもいい」と考える人が増加

「家族と近所の飲食店で食事」も3週間前より増加し、約半数が「してもいい」と回答。「友人・知人との食事」は「してもいい」と考える人も全体的に上昇していた。<図3>


今回はクイックリサーチ「トレンドeye」として、より速報性を重視した調査となっているため、レポートはございません。クロス集計表がダウンロードできますのでそちらをご覧ください。

調査項目

□属性設問
□直近1週間の外出頻度
□直近1週間で自分の「楽しみ」のために使った金額
□最近日常生活の中で「変わった」と思うこと
□特別定額給付金の使用目的(または使用予定)
□昨今の状況下の中で、現在「してもいい」と思うこと
□直近2週間以内に外食したお店
□外食時、店舗のコロナ対策についての不安度合い


調査概要


調査手法 インターネットリサーチ
(クロス・マーケティング セルフ型アンケートツール「QiQUMO」使用)
調査地域 全国47都道府県
調査対象 20~69歳の男女
調査期間 2020年6月26日(金)
有効回答数 本調査1,100サンプル

調査結果は、端数処理のため構成比が100%にならない場合があります

詳細な調査データを無料にて配布しております
調査データは以下よりダウンロードできますので、ご確認ください。

74.52 KB (自動取得)