ログイン

調査相談

お見積もり

資料請求

お問い
合わせ

フリーダイヤルでのお問い合わせ

受付時間 平日9:30 - 18:30
0120-198-022

検索

Survey Report
無料調査レポート

クロス・マーケティングで実施した調査レポートを無料で提供しております。 ダウンロードしたい無料調査レポートの「Download」にチェックをつけて、「ダウンロードに進む」をクリックしてください。 カテゴリやタグから調査のテーマや内容別に検索することも可能です。

  • ライフスタイル

今年の熱中症対策に関する調査

2020 / 07 / 28

#生活 文化,#消費者行動,#トレンド

今年の熱中症対策に関する調査

株式会社クロス・マーケティング(本社:東京都新宿区、代表取締役社⻑:五⼗嵐幹)は、全国20歳~69歳の男女を対象に「今年の熱中症対策に関する調査」を実施しました。今年は新型コロナウイルスの影響で、外出先でもマスクを着用する機会が多くなっていますが、人々はどのように熱中症対策をしているのでしょうか。今回は、外出時の熱中症対策とマスクを外してもいいと思うシチュエーションについて分析しています。

今回はクイックリサーチ「トレンドeye」として、より速報性を重視した調査となっているため、レポートはございません。クロス集計表がダウンロードできますのでそちらをご覧ください。

64.65 KB (自動取得)

  • 今年の熱中症対策、「マスクを適時外す」3割
    2人に1人は「車の運転時(同乗する場合も含む)は外しても良い」

調査結果トピックス

外出時の熱中症対策、最多は「こまめに水分補給」。「マスクを適時外す」も3割。

外出時の熱中症対策で最も多いのは「こまめに水分補給する」で6割。次いで「飲み物を持ち歩く」「涼しい服装にする」が5割弱で続く。夏季も着用すると考えられるマスクについては、「適時外す」も熱中症対策として3割にのぼった。男女別にみると、男性よりも女性のほうが熱中症対策を実施している。なかでも「日傘」の利用は男女間で差が大きい。<図1>


マスクを外しても良いシチュエーションの最多は「車の運転時(同乗する場合も含む)」。
男性20代は外すことに慎重。


外出時、マスクを外してもよいと思うシチュエーションは「車を運転する時(同乗する場合も含む)」が最多で5割。「ランニング・ゴルフなどの屋外での運動」や、「自転車に乗る時」も3割を超えて多い。一方で「外してよいシチュエーションはない」は5人に1人。性年代別にみると慎重さが目立ったのは、男性20代の若年層だった。新型コロナの感染が再び増加傾向にある中、若年層の感染割合が高いことを受け、警戒心も高まっているのではないかと推察される。<図2>


今回はクイックリサーチ「トレンドeye」として、より速報性を重視した調査となっているため、レポートはございません。クロス集計表がダウンロードできますのでそちらをご覧ください。

調査項目

□属性設問
□直近1週間の外出頻度
□直近1週間で自分の「楽しみ」のために使った金額
□昨今の状況下の中で、現在、あなたが「してもいい」と思うこと
□外出時の熱中症対策
□外出時、マスクを外してもよいと思うシチュエーション


調査概要


調査手法 インターネットリサーチ
(クロス・マーケティング セルフ型アンケートツール「QiQUMO」使用)
調査地域 全国47都道府県
調査対象 20~69歳の男女
調査期間 2020年7月24日(金)~25日(土)
有効回答数 本調査1,100サンプル

調査結果は、端数処理のため構成比が100%にならない場合があります

詳細な調査データを無料にて配布しております
調査データは以下よりダウンロードできますので、ご確認ください。

64.65 KB (自動取得)

Cross Marketing ホーム

無料調査レポート

ライフスタイル

今年の熱中症対策に関する調査