ログイン

調査相談

お見積もり

資料請求

お問い
合わせ

フリーダイヤルでのお問い合わせ

受付時間 平日9:30 - 18:30

0120-198-022
※モニター様からのお電話でのお問い合わせは受け付けておりません。
アンケートに関するお問い合わせは、お問い合わせフォームもしくはご登録のサイトまでご連絡ください。

検索

Survey Report
無料調査レポート

クロス・マーケティングで実施した調査レポートを無料で提供しております。 ダウンロードしたい無料調査レポートの「Download」にチェックをつけて、「ダウンロードに進む」をクリックしてください。 カテゴリやタグから調査のテーマや内容別に検索することも可能です。

  • ライフスタイル

「森のようちえん」に関する調査(2022年)

2022 / 03 / 16

#生活 文化,#消費者行動,#トレンド

「森のようちえん」に関する調査(2022年)

全国20歳~69歳の男女を対象に「森のようちえんに関する調査(2022年)」を実施しました。近年注目を集めている「森のようちえん」という新しい幼児教育の形ですが、一般生活者にはどのように受け止められているのでしょうか。今回は、「森のようちえん」を知っているか、どう思うか、子どもや孫に体験させたいか、について聴取しました。
■当調査における「森のようちえん」の定義(※アンケート回答者に以下の説明文を呈示)
「森のようちえん」とは、1950年代にデンマークで始まった、自然体験を基軸にした保育・幼児教育の総称です。森、海、川、野山、畑、自然公園など、広義の自然の中で、子どもが主体的に活動することを中心とし、大人は子どもの主体性を重んじつつ、見守ります。幼稚園・保育園・自主保育などによる全日制から、自然学校などによるイベント型など、様々な形態があります。

今回はクイックリサーチ「トレンドeye」として、より速報性を重視した調査となっているため、レポートはございません。クロス集計表がダウンロードできますのでそちらをご覧ください。

97.65 KB (自動取得)

  • 4割が「森のようちえん」を体験させたい
  • 自然が与える感性や身体への影響に好感

調査結果トピックス

◆「森のようちえん」の認知率は15.2%。うち5.4%は「どのようなものかも知っている」。

年代別では20代の認知率が最も高く、22.3%が知っていると答えた。<図1>


◆3人に1人が、子どもや孫に「森のようちえん」を体験させたいと回答。<図2>

図1 「森のようちえん」の認知率、図2 「森のようちえん」を子や孫に体験させたいか

◆「森のようちえん」の印象は、「自然のなかでの子育ては良いこと」、「感性が豊かに育ちそう」、「身体が丈夫に育ちそう」がトップ3。

ポジティブな印象が上位を占めるが、一方で「適切な指導者がいるかが気になる」、「費用がかかりそう」、「怪我や事故のリスクが心配」といったネガティブな印象も。<図3>

図3 「森のようちえん」の説明文を見て、どのように感じるか

今回はクイックリサーチ「トレンドeye」として、より速報性を重視した調査となっているため、レポートはございません。クロス集計表がダウンロードできますのでそちらをご覧ください。

調査項目

□属性設問
□昨今の状況下で、現在、あなたが「してもいい」と思う外出を伴う行動
□「森のようちえん」の認知率
□「森のようちえん」のコンセプトを見て、どのように感じるか
□自分の子どもや孫に「森のようちえん」を体験させたい(体験させたかった)と思うか
□そのように思う(思わない)のはなぜか


調査概要


調査手法 インターネットリサーチ
(クロス・マーケティング セルフ型アンケートツール「QiQUMO」使用)
調査地域 全国47都道府県
調査対象 20~69歳の男女
調査期間 2022年3月11日(金)~12日(土)
有効回答数 本調査1,100サンプル

調査結果は、端数処理のため構成比が100%にならない場合があります


≪引用・転載時のクレジット表記のお願い≫
本リリースの引用・転載時には、必ず当社クレジットを明記いただけますようお願い申し上げます。
<例>「マーケティング・リサーチ会社のクロス・マーケティングが実施した調査によると・・・」

詳細な調査データを無料にて配布しております
調査データは以下よりダウンロードできますので、ご確認ください。

97.65 KB (自動取得)

Cross Marketing ホーム

無料調査レポート

ライフスタイル

「森のようちえん」に関する調査(2022年)