CVSの利用実態調査 | リサーチ・市場調査・マーケティング

住まい・くらし

生活に関連した調査結果を掲載
2013/10/28

CVSの利用実態調査

株式会社クロス・マーケティング(本社:東京都中央区、代表取締役社長:五十嵐 幹)は、全国(47都道府県)の15~69才の過去半年以内にCVSで買い物をした男女を対象に、「CVSの利用実態調査」を実施しました。

全17ページ2740KB
コンビニ利用者が今後充実を希望しているものは、
飲食物のほか「住民票や印鑑証明等の受け取り」、
「イートインコーナー」などのサービスが上位に
CVSの利用実態調査 図1

調査結果のトピックス

  • 一般医薬品の購入状況を「CVS」「薬局・薬店・ドラッグストア」で比較した。CVSで「一般医薬品をよく利用する人」では、CVSでの購入頻度が、ドラッグ等での購入頻度を上回る。<図1>また、「一般医薬品」を購入する理由の上位は、「ドラッグストアなどよりも近くにある」「他の商品と一緒に購入できる」こと。
  • 一杯ごとに淹れるコーヒー・カフェ類の利用状況をCVSとカフェをサービスする他業態と比較した。CVSで「カフェ」をよく利用する人では最利用CVSでのカフェ利用頻度が、他の業態での利用頻度を上回る。また、CVSで「カフェ」をよく利用する理由は、「手早く購入できるから」が最も多いが、「おいしいから」といった商品面での評価も高い。
  • CVS全般に充実して欲しい商品・サービスと最利用CVSでよく利用する商品・サービスを対比させた結果、充実希望が多かった上位3は、「弁当・おにぎり・惣菜・調理めん」「スイーツ」「食パン・菓子パン・惣菜パン」。

調査概要

調査手法  : インターネットリサーチ(クロス・マーケティング アンケートモニター使用)
調査地域  : 全国(47都道府県)
調査対象  : 15~69才の過去半年以内にCVSで買い物をした男女
調査期間  :2013年9月27日(金)~2013年9月30日(月)
有効回答数 :4,902サンプル

当社で実施した調査レポートを無料で配布しております。

ダウンロードしたい無料調査レポートの「Download」にチェックをつけて、「ダウンロードに進む」をクリックしてください。

 

全17ページ2740KB