宅飲みに関する調査(2010年7月度) | リサーチ・市場調査・マーケティング

住まい・くらし

生活に関連した調査結果を掲載
2010/7/13

宅飲みに関する調査(2010年7月度)

2008年のリーマンショック以降、景気の冷え込みが消費者の生活に影響を与えている中、飲酒形態にも様々な変化がみられてきました。“時代回帰を思わせる「ハイボール」の人気復活”や“低価格居酒屋の競争激化”など“外飲み/宅飲み”を取り巻く環境も変化をしています。そのような中、消費者の飲酒に関して変化はあるのでしょうか?本調査では2009年12月に実施した「宅飲み」に関する調査結果との比較を中心に、現在の“外飲み/宅飲み”の実態を明らかにすることを目的に調査を実施致しました。

全3ページ421KB
09年12月から「外飲み」「宅飲み」の実施割合に変化なし。「外飲み」「宅飲み」ともに1年前との比較では減少傾向に。

調査結果のトピックス

  • 「宅飲み」「外飲み」に関わらず、09年12月に比べ男性40代以上に増加傾向あり。
  • 「宅飲み」よりも「外飲み」の方が“減った”意識は高い。
  • “ハイボール”は男性20~30代、50代で飲まれている。 女性の高年齢層も“ノンアルコールビール”でお酒の気分を味わっている!?

調査概要

調査手法 インターネットリサーチ(クロス・マーケティング アンケートモニター使用)
調査対象 全国の20~69歳男女
調査期間 2010年6月28日(月)~2010年6月30日(水)
有効回答数 1,200サンプル(性・年代ごとに人口構成比で割付)

当社で実施した調査レポートを無料で配布しております。

ダウンロードしたい無料調査レポートの「Download」にチェックをつけて、「ダウンロードに進む」をクリックしてください。

 

全3ページ421KB