ログイン

調査相談

お見積もり

資料請求

お問い
合わせ

フリーダイヤルでのお問い合わせ

受付時間 平日9:30 - 18:30

0120-198-022
※モニター様からのお電話でのお問い合わせは受け付けておりません。
アンケートに関するお問い合わせは、お問い合わせフォームもしくはご登録のサイトまでご連絡ください。

検索

Survey Report
くろめがね

くろめがねは調査結果から見えた生活者のリアルをお届けするリサーチメディアです。 世の中のトレンドや季節のイベント、気になるものごとについて定期的に調査し、その結果を記事にして公開しています。 記事内で紹介した調査結果のデータは無料でダウンロードが可能です。

  • その他

関西・東海地方における新聞購読に関する調査

2015 / 06 / 24

#生活 文化,#メディア,#アンケート調査,#市場調査,#くろめがね

関西・東海地方における新聞購読に関する調査

新聞の定期購読理由は?地方紙の魅力とは? 新聞購読の実態を解明!

会員限定サービス

会員ログインしていただくと無料でダウンロードできます。

ダウンロード

1.37 MB (自動取得)

会員登録がお済みでない方

登録は無料。メールアドレス等の簡単な入力のみ。
1分で完了します。

無料会員登録はこちらから

会員限定サービス

会員ログインしていただくと無料でダウンロードできます。

ダウンロード

1.37 MB (自動取得)

会員登録がお済みでない方

登録は無料。メールアドレス等の簡単な入力のみ。1分で完了します。

  • 新聞の定期購読理由は世の中の動きを知るため」が約4割で最多
  • 地方新聞は「地元情報力の強さ」が魅力
図1 新聞の定期購読理由

調査結果トピックス

新聞を定期購読している理由としては、「社会や世の中の動きを知ることができる」が全体で39.0%と最も多い。男女別にみると、男性でその傾向が強く、女性は「新聞を読むことが習慣となっているから」「折り込みチラシが見たいから」の割合が高い <図1>

電子版の購読有無では、「現在電子版の購読をしている」と回答した人は僅か4.7%に留まり、9割以上の人が「今までに一度も電子版の購読はしたことがない」という結果に。今後、電子版の購読意向があるかどうかでも、「購読したい」と考えている人は5.4%と購読意向者が少ない現状が窺える 

地方新聞を定期購読している理由としては、「生活の一部」や「地元の新聞であり、子供の頃から親しんでいる」というような【習慣的・家族で購読】という理由や、「地域の店のチラシが入るから」「地元のニュースを知りたいから」といった【地域の情報取得】という理由が多く目立った 

調査概要

調査手法 インターネットリサーチ(クロス・マーケティング アンケートモニター使用)
調査地域 関西二府二県(大阪・京都・奈良・兵庫)、東海三県(愛知・三重・岐阜)
調査対象 20~69歳の男女、一般紙(専門紙・機関紙などは除く)を自宅で定期購読している方
調査期間 2015年6月20日(土)
~6月21日(日)
有効回答数 2,100サンプル

調査結果は、端数処理のため構成比が100%にならない場合があります


≪引用・転載時のクレジット表記のお願い≫
本リリースの引用・転載時には、必ず当社クレジットを明記いただけますようお願い申し上げます。
<例>「マーケティング・リサーチ会社のクロス・マーケティングが実施した調査によると・・・」

会員限定サービス

会員ログインしていただくと無料でダウンロードできます。

ダウンロード

1.37 MB (自動取得)

会員登録がお済みでない方

登録は無料。メールアドレス等の簡単な入力のみ。
1分で完了します。

無料会員登録はこちらから

会員限定サービス

会員ログインしていただくと無料でダウンロードできます。

ダウンロード

1.37 MB (自動取得)

会員登録がお済みでない方

登録は無料。メールアドレス等の簡単な入力のみ。1分で完了します。

Cross Marketing ホーム

無料調査レポート

その他

関西・東海地方における新聞購読に関する調査