社会人男性のキャリアパスに関する調査 | リサーチ・市場調査・マーケティング

ワークスタイル

仕事や働き方に関する調査結果を掲載
2014/7/22

社会人男性のキャリアパスに関する調査

株式会社クロス・マーケティング(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:五十嵐 幹)は、関東(一都三県)と関西(二府二県)に在住する25~34歳男性を対象に、「社会人男性のキャリアパスに関する調査」を実施しました。

全37ページ2064KB
明確なキャリアプランを持っている人は一握り
物事への興味・関心は広く持ちつつも、行動に移す意識は控えめ

転職検討度は全体で約40%
その中で転職経験者の転職検討度は約53%
社会人男性のキャリアパスに関する調査 図1

調査結果のトピックス

  • 各クラスタ―のボリュームとしては、“堅実プラスアルファ憧れ層”が53%で全体の半数以上を占めており、他のクラスターと比べて一番割合が高い<図1>
  • “堅実プラスアルファ憧れ層”は仕事やキャリアに対する意識が全体的に低く「仕事の不安や悩みはない」の項目に関しては他のクラスターの中でも特に多い
  • 全体の約半数はこれまでに転職を経験したことがない。現在の転職意向でも、転職を考えていない人が約6割を占めている。その中でも転職経験者は一度経験をしているためか、今後の転職に対しても抵抗感が低い傾向が窺える

調査概要

調査手法  : インターネットリサーチ(クロス・マーケティング アンケートモニター使用)
調査地域  : 関東(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県)、関西(大阪府、京都府、兵庫県、奈良県)
調査対象  : 25~34歳の男性、フルタイムで勤めている人(正規・非正規問わず)
調査期間  : 2014年6月20日(金)~6月23日(月)
有効回答数 : 1,000サンプル

当社で実施した調査レポートを無料で配布しております。

ダウンロードしたい無料調査レポートの「Download」にチェックをつけて、「ダウンロードに進む」をクリックしてください。

 

全37ページ2064KB