ログイン

調査相談

お見積もり

資料請求

お問い
合わせ

フリーダイヤルでのお問い合わせ

0120-198-022

検索

Survey Report
くろめがね

くろめがねは調査結果から見えた生活者のリアルをお届けするリサーチメディアです。 世の中のトレンドや季節のイベント、気になるものごとについて定期的に調査し、その結果を記事にして公開しています。 記事内で紹介した調査結果のデータは無料でダウンロードが可能です。

  • 仕事・働き方

長時間労働に関する調査

2015 / 02 / 16

長時間労働に関する調査

労働時間に不満… 40代男性の約10人に1人が残業時間100時間超え

1.04 MB (自動取得)

  • 働き盛り?の男性40代
  • 約10人に1人が月の残業時間100時間超え
  • 全体の半数が労働時間に不満

調査結果トピックス

月の残業日数は、「約1~5日」が29.2%でトップ。性年代別に見ると、男性30代の「約16~20日」と、男性40代の「約11~15日」がともに21.3%と、他の性年代の割合よりも高くなっている <図1>

月の残業時間では、「約1~20時間」が57.6%で最多をマーク。性年代別に見ると、「約101時間以上残業」している層は男性30代が6.3%、男性40代が7.1%を記録した。女性でも20代の3.9%が101時間以上残業しているなど、超長時間労働の現状が浮き彫りとなった

今後、自分の残業時間をどうしていきたいかの質問では、全体の50.1%が「残業時間を減らしていきたい」と答えており、大多数の人が現状の労働時間に不満を持っていたり、改善したいと考えていたりすることが窺える

調査概要

調査手法 インターネットリサーチ(クロス・マーケティングアンケートモニター使用)
調査地域 首都圏(東京、神奈川、千葉、埼玉)
調査対象 20~64歳の男女
調査期間 2015年2月7日(土)
~2月8日(日)
有効回答数 600サンプル

調査結果は、端数処理のため構成比が100%にならない場合があります

詳細な調査データを無料にて配布しております
調査データは以下よりダウンロードできますので、ご確認ください。

1.04 MB (自動取得)