ログインログイン

ご依頼・ご相談 ご依頼
ご相談

資料DL 資料DL

お問い合わせ お問い
合わせ

フリーダイヤルでのお問い合わせ

受付時間 平日9:30 - 18:30

0120-198-022
※モニター様からのお電話でのお問い合わせは受け付けておりません。
アンケートに関するお問い合わせは、お問い合わせフォームもしくはご登録のサイトまでご連絡ください。

検索検索

Survey Report
無料調査レポート

クロス・マーケティングで実施した調査レポートを無料で提供しております。 ダウンロードしたい無料調査レポートの「Download」にチェックをつけて、「ダウンロードに進む」をクリックしてください。 カテゴリやタグから調査のテーマや内容別に検索することも可能です。

  • 海外

グローバル生活実態・意識6か国調査(2022年)ファッション編

2023 / 03 / 02

#家庭 家族,#食品 料理,#経済成長,#生活 文化,#ファッション,#美容 健康,#消費者行動,#SNS,#携帯 スマートフォン,#車 バイク,#市場調査,#交通,#ショッピング

グローバル生活実態・意識6か国調査(2022年)ファッション編

Withコロナの生活様態の把握を目的として、日本、中国、タイ、インド、アメリカ、ドイツの6か国、20~69歳の男女各国500人を対象に「グローバル生活実態・意識6か国調査(2022年)」を2022年12月16~26日に実施しました。今回は、洋服の購入チャネルや購入頻度、こだわりを持っているファッションアイテム、好きなコーディネートカラーに注目し、6か国間で比較をしました。

◆生活意識編はこちら
https://www.cross-m.co.jp/report/global/20230216global/

◆食生活編はこちら
https://www.cross-m.co.jp/report/global/20230309global/

◆住まい編はこちら
https://www.cross-m.co.jp/report/global/20230316global/

2.78 MB (自動取得)

  • 各国で異なる洋服の購入先、日本は店頭購入が多い

  • 購入頻度は、インドが極めて高く日本、アメリカは低い

調査結果トピックス

【購入チャネル】

洋服の購入先で一番多いのは、日本、中国、インドが「モール型ショッピングセンター」、タイが「百貨店・デパート」、アメリカ、ドイツは「WEBによるオンラインショップ」であった。特にドイツは、「WEBによるオンラインショップ」が53%と高い。日本を除くアジアの3か国は、「アプリによるオンラインショップ」の比率が高く、2~3番手にあがる。日本は、オンラインよりも店頭購入の方が多い傾向にある。<図1>

図1 洋服の購入チャネル

【購入頻度】

洋服の購入頻度は、インドが極めて高く、日本は最も低い。「半年に1回以下(半年に1回程度+それ以下の頻度)」は、日本が62%、アメリカが59%と半数を超える。中国、タイ、ドイツは、「月に1回程度」と「2~3か月に1回程度」が、ボリュームゾーンである。<図2>

図2 洋服の購入頻度

【ファッションアイテム】

10種類のファッションアイテムへのこだわりを聴取した。日本、タイ、インド、アメリカ、ドイツの5か国は、「トップス」と「シューズ」が1~2番手である。中国のみ「アウター」がTOPにあがる。中国、タイは「時計」の割合が10%台と他国よりも高い。<図3>

図3 こだわりのファッションアイテム

【コーディネートカラー】

トップスとボトムスに分けて、12色の中で好きなコーディネートカラーを確認した。トップスでは、各国とも「黒」と「白」がトップ3に入る人気色。「黒」が1番となったのは日本、アメリカ、ドイツで、日本を除くアジア3か国は「白」が1番であった。タイ、インド、アメリカ、ドイツでは純色の「青」が、日本と中国は中間色の「ベージュ」がトップ3にランクイン。一方、ボトムスは、6か国ともにコーディネートしやすい「黒」が1番となった。次いで「紺」をあげたのは、日本、中国、タイ。インドは、国旗で平和を意味する「白」が2番手にあがった。<図4>

図4 好きなコーディネートカラー

レポート項目一覧

   

□ 属性設問(性別/年代/職業/同居家族)
□ 調査結果サマリー

▼調査結果詳細
□ 洋服の購入頻度
□ 一か月平均使用金額の構成比(洋服代/メイク代/フェイスケア代/ヘアメイク・ヘアケア代)
□ 洋服の購入チャネル
□ 洋服の情報収集チャネルTOP10
□ 洋服の購入最重視点TOP10
□ 好きなコーディネートカラーTOP10(トップス/上半身・ボトムス/下半身)
□ こだわりのファッションアイテムTOP10
□ 購入経験ブランドTOP10
□ ブランド好意度

本レポートのダウンロードにより閲覧できる情報

  

本レポート(全24ページ)では、下記の情報をご覧いただけます。

 
  • すべての調査結果(全調査項目記載の全ての内容、計24ページ分)
  • 調査結果サマリー(重要なポイントのみを抜粋)
  • 回答者の属性情報(性別・年代・居住地など)
  • 設問・回答の詳細(各種設問と回答形式)
  • 全回答の集計結果(グラフ+表集計)

調査概要

調査手法 インターネットリサーチ
調査地域 日本、中国、タイ、インド、アメリカ、ドイツ
調査対象 20~69歳の男女
調査期間 2022年12月16日(金)~26日(月)
有効回答数 本調査 各国500サンプル

調査結果は、端数処理のため構成比が100%にならない場合があります


≪引用・転載時のクレジット表記のお願い≫
本リリースの引用・転載時には、必ず当社クレジットを明記いただけますようお願い申し上げます。
<例>「マーケティング・リサーチ会社のクロス・マーケティングが実施した調査によると・・・」

詳細な調査データを無料にて配布しております
調査データは以下よりダウンロードできますので、ご確認ください。

2.78 MB (自動取得)

Cross Marketing ホーム

無料調査レポート

海外

グローバル生活実態・意識6か国調査(2022年)ファッション編