ログイン

調査相談

お見積もり

資料請求

お問い
合わせ

フリーダイヤルでのお問い合わせ

受付時間 平日9:30 - 18:30
0120-198-022

検索

Insight Scope

  • グローバルコラム

ソーシャルリスニングが重要視される理由とは?海外マーケティングでの分析事例もご紹介

谷村 真
株式会社gr.a.m
代表取締役

谷村 真

2021 / 08 / 20

#消費者行動,#消費市場,#SNS,#トレンド

ソーシャルリスニングが重要視される理由とは?海外マーケティングでの分析事例もご紹介

ソーシャルリスニングとは、ソーシャルメディア上で消費者が発信する膨大な情報を収集・分析する手法のことです。この分析結果は戦略立案やマーケティング活動など企業の意思決定に役立つ有効な手段となります。つまり、ソーシャルリスニングは、SNS時代の企業マーケターにとって不可欠な施策といえるでしょう。また、デジタルの世界に国境はないため日本にいても海外を知るために使える有効な手段となります。

ソーシャルリスニングで得られる基本的な項目は、投稿数推移、媒体別投稿、キーワード分析、ポジティブ・ネガティブ情報、共起ネットワーク、ユーザー特性、エリア情報となります。これらを分析することによって、注目のトピックや消費者の反応、イメージ、属性、エリア、最適な媒体、またはそれぞれの関連性を明らかにすることができ、最適な施策を展開することが可能となります。

ソーシャルリスニングはなぜ重要?

マーケティングにおいてソーシャルリスニングが重要視される理由はいくつかあります。まずは、ソーシャルメディアの利用人口が多いことです。現在ソーシャルメディアの利用人口は世界で約36億人と言われております。ソーシャルメディアのイメージは好意的に受け止められており、利用者はますます増加傾向にあります。次にソーシャルメディアの利用時間は平均で2時間半以上/日と非常に長いといった点が挙げられます。

また、世界主要ブランドの多くがソーシャルリスニングを導入しているだけでなく、中小企業においてもそのほとんどでソーシャルメディアを活用していることから、企業活動においてソーシャルメディアを使う、ソーシャルリスニングを行うことは必須となりつつあります。


20210820_02

ソーシャルリスニングの活用方法

ソーシャルメディアを活用する消費者の行動は日々、変動しており、その動きをいち早くつかむことは企業が持続的に存続するためにも重要になります。その消費行動は大きく分けると3段階に分かれます。一つが認知段階、次に感情段階、そして行動段階です。その接点ごとに分析を行うことで消費行動やその変遷を捉え、最適な施策を打つことができるのです。

例えば、広報部門ではブランドイメージのチェック、マーケティング部門では消費者の市場動向や反応、商品開発部門では業界動向や市場の流行り・好みなど、カスタマーサポートではお問合せやクレームなどを拾うことが可能となります。また、このような情報を組み合わせることで、自社だけでなく業界全体と比較した業界分析をすることもできます。

海外マーケティングでのソーシャルリスニングの分析事例

ここまでソーシャルリスニングの活用方法についてお伝えしましたが、前述したとおりデジタルの世界に国境はありません。この活用方法は日本にいながら海外マーケットでも同様に実施することが可能です。

その事例として、あるグローバルブランドで独自に実施した企業分析をご紹介します。ソーシャルリスニングを活用して分析した結果、日本と海外では以下の点で違いがあることが明らかになりました。
ひとつは、「マーケティングチャネル」についてです。日本では他社の媒体を活用して消費者にリーチする方が効果的に消費者の反応がみられたのに対し、海外では自社アカウントに多くの反応が寄せられていました。この日本と海外での地域特性を踏まえてプロモーションを実施していることが読み取れます。

次に、「キーワード」にも違いがありました。日本では話題の商品やコラボレーションに関するキーワードと関連してコメントされる傾向があるのに対し、海外ではファッション全体やスタイルとともにコメントされる傾向があります。ここにも地域性がでており、日本と海外では狙うキーワードは大きく違うことがわかります。

コメントされる媒体も顕著に異なります。日本では9割以上がTwitterで語られるなど圧倒的にTwitterが主流となっていますが、海外ではTwitterだけでなくフォーラムやニュース、ブログなど多くの媒体で語られる傾向があります。


20210820_03


実際マーケティングを実施していく際には、このようなデジタル世界に存在する情報を集め分析しペルソナやカスタマージャーニーを作っていくのですが、日本と海外を比較すると、コメントから読み取る背景やシーン、感情は全く違った形となり、面白い傾向がでてくることでしょう。

まとめ

このようにソーシャルリスニングは企業にとって欠かせないマーケティング施策となりますが、実施するにあたってはいくつかのハードルがあります。
例えば、ソーシャルメディアに落ちている情報のヒット件数が多すぎる、ごみデータが混ざり過ぎて処理するのに時間が掛かりすぎる、投稿内容から文脈を切り出せない、消費者クラスターが発見できない、ソーシャルリスニングだけでは知りたい情報が網羅できない、このようなお話をよく聞くことがあります。ソーシャルリスニングはマーケティングには不可欠なものになってきていますが、活用するためには多くの手間やコツをつかむことが必要になるということです。
その場合、解決策はいくつもあると思いますが、まずは自社で行わなければいけないことと外部へ依頼してもいいことを整理したうえで、デジタル領域でマーケティングを成功させるという目的のための効率的な判断を行うことが大切です。
ぜひ皆様にはソーシャルリスニングをマーケティング施策に組み入れてグローバルレベルで活用し、世界で戦って欲しいと思います。



<会社概要>
株式会社gr.a.m
東京都新宿区西新宿3-20-2 東京オペラシティタワー24F
03-6859-2252
※「海外情報ナビ」https://global-biz.net 運営会社

Related Column/ 関連コラム

Cross Marketing ホーム

コラム

グローバルコラム

ソーシャルリスニングが重要視される理由とは?海外マーケティングでの分析事例もご紹介