ログイン

調査相談

お見積もり

資料請求

お問い
合わせ

フリーダイヤルでのお問い合わせ

受付時間 平日9:30 - 18:30

0120-198-022
※モニター様からのお電話でのお問い合わせは受け付けておりません。
アンケートに関するお問い合わせは、お問い合わせフォームもしくはご登録のサイトまでご連絡ください。

検索

Survey Report
無料調査レポート

クロス・マーケティングで実施した調査レポートを無料で提供しております。 ダウンロードしたい無料調査レポートの「Download」にチェックをつけて、「ダウンロードに進む」をクリックしてください。 カテゴリやタグから調査のテーマや内容別に検索することも可能です。

  • IT・家電・自動車

ゲームに関する調査(2022年)コンシューマゲーム編

2022 / 07 / 14

#家庭 家族,#テクノロジー,#コミュニケーション,#生活 文化,#消費市場,#SNS,#携帯 スマートフォン,#アンケート調査,#市場調査,#トレンド

ゲームに関する調査(2022年)コンシューマゲーム編

2022年7月、全国15~69歳の男女を対象に「ゲームに関する調査(2022年)」を行い、コンシューマゲーム、スマホゲームなどの分野別にゲーム実態を聴取しました。今回は、家庭用ゲーム・PCゲーム(以下、「コンシューマゲーム」)を月に1回以上プレイする人に着目し、プレイ頻度、プレイ時間や支出金額の変化、メタバースの認知・メタバース要素を持つゲームプレイ経験、スマホゲームとのクロス・連携プレイなどを分析しました。

◆スマホゲーム編はこちら
https://www.cross-m.co.jp/report/it/20220721game/

◆eスポーツ編はこちら
https://www.cross-m.co.jp/report/it/20220728game/

◆オフラインゲーム編はこちら
https://www.cross-m.co.jp/report/it/20220804game/

3.01 MB (自動取得)

  • コンシューマゲームを楽しむ人は「毎日プレイする」が3割を占める

  • メタバース要素を持つゲームのプレイ経験者は17%

調査結果トピックス

【プレイ頻度、プレイ時間・支出金額の変化】

月に1回以上コンシューマゲームを行う人のうち「毎日」プレイする人は30%、「2~3日に1回」は22%と合わせて52%は頻繁にプレイしていた。2021年と比べても、プレイ頻度に大きな差は見られない。<図1>
1年前と比較したプレイ時間は、「長くなった」が32%、Z世代やY世代など若い世代でプレイ時間が長くなった人が多い。一方、支出の変化は1年前より「増えた」が24%。プレイ時間と同様に若い世代の増加が目立った。<図2>

図1 コンシューマゲームのプレイ頻度、図2 この1年間のコンシューマゲームのプレイ時間・支出金額の変化

【ジャンルと選定理由】

プレイしているジャンルは、「アクションRPG」「シミュレーションゲーム」「アクションゲーム」が多い。世代で見ると、Z世代は「シミュレーションゲーム」「アクションゲーム」、Y世代は「アクションRPG」、X世代は「コマンドRPG」、ベビーブーム世代は「パズルゲーム」が突出して高かった。<図3>
ゲームを選ぶ際の理由は「好きなジャンル」「長く遊べる」「やり込み要素がある」「お金がかからない・価格が安い」などが上位。世代別には、X世代の「やり込み要素がある」、ベビーブーム世代の「お金がかからない・価格が安い」の理由が高めである。<図4>

図3 現在プレイしているコンシューマゲームのジャンル、図4 コンシューマゲーム選定時重視点

【メタバース、クロス・連携プレイ】

“メタバース”を「内容まで理解している」は27%、「名前は知っているが内容は理解できていない」は41%と合わせて68%が“メタバース”を認知していた。「メタバース要素を持つゲームをプレイしたことがある」人は17%、10代~30代においてプレイ経験は約2割と経験者は多くはない。「メタバース要素を持つゲームのプレイ意向」は35%であり、最も意向が高い10代でも43%程度にとどまっている。<図5>
コンシューマゲームもスマホゲームも月に1回以上行っている人の“パソコンやゲーム機とスマホの両方でゲームする(クロス・連携プレイ)”経験は26%であった。自由回答でクロス・連携プレイしているゲームを聴取したところ、「Apex Legends」「ウマ娘プリティーダービー」「ポケモン」「フォートナイト」「Minecraft」などのゲームタイトルがあがった。<図6>

図5 「メタバース」の認知・メタバース要素を持つゲームのプレイ経験・プレイ意向、図6 コンシューマゲームとスマホゲームのクロス・連携プレイ経験

レポート項目一覧

   

□ 属性設問(性別/年齢/居住地/婚姻状況/子供の有無/職業)
□ 調査結果サマリー

▼コンシューマゲームプレイ者の属性
□ コンシューマゲームのプレイ頻度
□ 平日・休日の自由時間
□ 平日・休日のゲームプレイ時間
□ 直近1年間のゲームに費やす時間・支出の変化
□ ゲームに関する情報収集メディア/情報収集頻度
□ ゲームに関する情報共有・発信メディア/情報共有・発信の頻度
□ 「メタバース」の認知/要素を持つゲームプレイ経験/プレイ意向

▼コンシューマゲームのプレイ実態・プレイ意識
□ プレイするシーン/プレイする相手
□ 現在プレイしているゲームジャンル
□ 現在使っているゲームのプレイデバイス
□ 直近1ヶ月支出額(ソフトの購入/課金/サブスクリプション)/支出の使い道
□ ゲームをプレイする理由
□ ゲームを選ぶ際の重視点
□ 購入媒体
□ 「コンシューマ」・「スマホ」のクロスプレイ・連携プレイ実態
□ ゲームジャンルとプレイ理由のコレスポンデンス分析

本レポートのダウンロードにより閲覧できる情報

  

本レポート(全38ページ)では、下記の情報をご覧いただけます。

 
  • すべての調査結果(全調査項目記載の全ての内容、計38ページ分)
  • 調査結果サマリー(重要なポイントのみを抜粋)
  • 回答者の属性情報(性別・年代・居住地など)
  • 設問・回答の詳細(各種設問と回答形式)
  • 全回答の集計結果(グラフ+表集計)

調査概要

調査手法 インターネットリサーチ
調査地域 全国47都道府県
調査対象 コンシューマゲームを月1回以上プレイしている15~69歳の男女
調査期間 2021年:8月6日(金)~9日(月)
2022年:7月1日(金)~3日(日)
有効回答数 2021年:本調査556サンプル
2022年:本調査979サンプル

調査結果は、端数処理のため構成比が100%にならない場合があります


≪引用・転載時のクレジット表記のお願い≫
本リリースの引用・転載時には、必ず当社クレジットを明記いただけますようお願い申し上げます。
<例>「マーケティング・リサーチ会社のクロス・マーケティングが実施した調査によると・・・」

詳細な調査データを無料にて配布しております
調査データは以下よりダウンロードできますので、ご確認ください。

3.01 MB (自動取得)

Cross Marketing ホーム

無料調査レポート

IT・家電・自動車

ゲームに関する調査(2022年)コンシューマゲーム編