中国に本格的コーヒーブーム到来! | リサーチ・市場調査・マーケティング

グローバルコラム
2013/10/22

中国に本格的コーヒーブーム到来!

中国に本格的コーヒーブーム到来!

片手にコーヒー、片手にスマホがオフィスの風景に

先日、ある中国企業を訪問した際、オフィスを見て「あれ?」と驚きました。今までは空き瓶がタンブラーやステンレスボトルに進化することはあっても、ディスクには必ず “お茶のマイボトル”がドンッとのっかっていたものなのですが、その代わりにマイカップ&コーヒーがあちらこちらに。

その会社が、外資系なら理解できます。けれど、そこは社風も業務もとっても伝統的な国内企業だったので意外でした。そのことを社員に訊ねると、「ここ数年、若手社員を中心に、コーヒー愛好家が増えている」と教えてくれました。

以前、コーヒーはアッパーな人たちが「自分達はちょっと違う」という雰囲気で飲むものだったので、「集まりではコーヒーだけど、一人の時はお茶」という人も少なくありませんでした。

極自然にコーヒーを楽しむ人が急増中

それが近年、ランチ帰り、片手にコーヒーを持ちながらスマホをチェックする女子や、カフェで一人コーヒーを飲みながらPCに向かっている若者――つまり、“スタイルでコーヒーを飲む人”ではない、“本当のコーヒー好き”が多くなってきています。

1999年1月にスタバが中国1号店を北京にオープンしてから、来年で15年。物心ついた時には、当たり前に本格コーヒーが存在する時代に育った世代が、どんどん社会に出てきているのですから、至極自然な流れでしょう。

そんな、動きに応えるよう、中国のコーヒー界にちょっとした変化が起こっています。

今後も更なる急成長が予想される
中国のコーヒー市場

巨大チェーン店だけじゃない、個性派カフェが続々誕生

少し前まで、カフェといえば、スタバか、コスタか、スタバ似の店か。とにかくテイクアウトと回転率を重視するセルフ式ショップばかりでした。それが最近、独自のサービスを提供する個性的なカフェが開店し、注目を集めています。

例えば・・・ どことなく日本のコメダ珈琲を思わせる長居大歓迎なカフェや、NOCO族(No office,café office≒ノマド)や学生起業グループをターゲットとした、オフィス設備充実の起業カフェ、その他シネマカフェや猫カフェなど、独自のテーマを打ち出したショップが続々と登場しています。

多極化が進む中国カフェですが、人気のカフェには、共通する“マストな条件”が。 それは無料Wi-Fi(事前契約が一切不要なフリースポット)です。お店を選ぶ際、コーヒーの味如何よりも、無料Wi-Fiがあるか?が重要なポイントになることも。スタバやコスタといった巨大フランチャイズも、都市によって差はありますが、無料Wi-Fi完備のところが少なくありません。

カフェでスマホに集中するのは万国共通?

大都市には競合カフェが肩を並べる激戦区も

コーヒーは健康飲料! 女性に特化した新製品が続々誕生

もう一つの変化は、近頃テレビやネット、雑誌などで頻繁に“コーヒーと健康”の特集が組まれており、コーヒーを健康飲料として捉える人が増えたことです。

コーヒーのメリットとしては、眠気覚まし、口臭予防、ガンや胆石といった疾患予防などなど、様々なものが取り上げられています。その中でも、便秘改善、消化促進、新陳代謝UPといった効能から、「コーヒーにはダイエットに効く!」というイメージが広まり、女性の関心をぐっと惹きつけました。

そんな流れに応えるよう、女性に特化したコーヒー関連の商品が、次々に発売されています。

ダイエット効果の期待されるL-カルニチン・コーヒーや、コラーゲン入り美肌コーヒーはその代表格。そういった目立つもの以外にも、商品パッケージがやさしいデザインにリニューアルしたり、PRに女性が多用されたり、女性の消費者を意識した変化が見られます。

女性に人気の苦みが少なく
まろやかなホワイトコーヒー

そうは言っても、中国人のコーヒー消費量は1人平均で1年に3杯。日本人が340杯ですから、まだまだ少量(というか極微量)です。それにもかかわらず、来年2014年には中国スタバは、カナダ、日本、イギリスを抜いて、本国アメリカに次ぐ世界第二のマーケットになる――と言われているのですから、チャイナマーケットは想像を絶する大きさです。

しかも、中国のコーヒーマーケットの伸び率は、なんと年約20%! この“巨大なパイ”を目指して、世界のコーヒー関連企業が、いったいどんな“新しさ”を披露してくれるか・・・しばらく、目が離せそうもありません。

このコラムを見た方へのオススメ