ログイン

調査相談

お見積もり

資料請求

お問い
合わせ

フリーダイヤルでのお問い合わせ

受付時間 平日9:30 - 18:30

0120-198-022
※モニター様からのお電話でのお問い合わせは受け付けておりません。
アンケートに関するお問い合わせは、お問い合わせフォームもしくはご登録のサイトまでご連絡ください。

検索

Survey Report
無料調査レポート

クロス・マーケティングで実施した調査レポートを無料で提供しております。 ダウンロードしたい無料調査レポートの「Download」にチェックをつけて、「ダウンロードに進む」をクリックしてください。 カテゴリやタグから調査のテーマや内容別に検索することも可能です。

  • 消費動向

男性の消費に関する調査

2010 / 06 / 30

男性の消費に関する調査

近年、政府主導でワーク・ライフ・バランスが推進されるなど、女性の労働環境が以前より整備され「夫婦共働き」が増加傾向にあると言われています。女性が稼いで消費することに対して関心が寄せられる一方で、男性といえば家事や育児参加のみに社会的関心が集まり、男性が個人として「消費活動」を行うことに、これまであまり関心が払われませんでした。これらの状況を背景に、本調査では、妻と同居している男性の消費行動にスポットをあて、国際比較も交えながら個人の消費行動の現状やパターンを明らかにします。

会員限定サービス

会員ログインしていただくと無料でダウンロードできます。

ダウンロード

1.65 MB (自動取得)

会員登録がお済みでない方

登録は無料。メールアドレス等の簡単な入力のみ。
1分で完了します。

無料会員登録はこちらから

会員限定サービス

会員ログインしていただくと無料でダウンロードできます。

ダウンロード

1.65 MB (自動取得)

会員登録がお済みでない方

登録は無料。メールアドレス等の簡単な入力のみ。1分で完了します。

  • 半数近くが妻に“財布の紐”を握られている! おこづかいは年収の1割未満、と他国より寂しい日本男性の懐事情

調査結果トピックス

<収入の管理> 日本男性の半数近くが妻に“財布の紐”を握られている。 年収に占めるおこづかいの比率も、日本男性は年収の1割未満、と他国より寂しい懐事情。

<おこづかいの使いかた> 日本男性は「外食費」「交際費」「書籍代」が中心。他国ではファッションやコンサートも含めて多種多様。

<おこづかいが増えたら行いたいこと> 各国とも配偶者や家族との「旅行」や「プレゼント」が上位。日本男性は自分の為に使いたい傾向が、他国よりも高い。

調査概要

調査手法 インターネットリサーチ
国内:クロス・マーケティング アンケートモニター使用
海外:リサーチ・ナウ アンケートモニター使用
調査地域 日本(1都3県)
中国(北京/上海/香港)
アメリカ(ニューヨーク)
イギリス(ロンドン)
イタリア(ローマ/ミラノ)
調査対象 30~69歳の男性
調査期間 国内:2010年5月7日(月)
~2010年5月9日(水)
海外:2010年5月7日(月)
~2010年5月17日(月)
有効回答数 2,058サンプル

調査結果は、端数処理のため構成比が100%にならない場合があります

会員限定サービス

会員ログインしていただくと無料でダウンロードできます。

ダウンロード

1.65 MB (自動取得)

会員登録がお済みでない方

登録は無料。メールアドレス等の簡単な入力のみ。
1分で完了します。

無料会員登録はこちらから

会員限定サービス

会員ログインしていただくと無料でダウンロードできます。

ダウンロード

1.65 MB (自動取得)

会員登録がお済みでない方

登録は無料。メールアドレス等の簡単な入力のみ。1分で完了します。