東南アジアにおける日本ブランドアセスメント調査 | リサーチ・市場調査・マーケティング

海外

海外調査や国際比較を行った調査結果を掲載
2015/4/13

東南アジアにおける日本ブランドアセスメント調査

株式会社クロス・マーケティング(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:五十嵐幹)は、日本・ベトナム・フィリピン・マレーシア・インドネシア・タイに在住する20歳~49歳の男女を対象に、「東南アジアにおける日本ブランドアセスメント調査」を実施しました。

全21ページ1418KB
東南アジア各国の合計1,800人による
「あなたの最も好きな国」や「各国のイメージ」が判明!
日本へのイメージは未だ「ものづくり大国」か
東南アジアにおける日本ブランドアセスメント調査 図1

調査結果のトピックス

  • 国別の好意度では、フィリピンを除いたベトナム・タイ・マレーシア・インドネシアの4か国で日本が1位をマーク。また、ベトナム・タイ・マレーシア・インドネシアでは、自国に対する好意度をも上回っており、東南アジアでは日本という国ブランドが高い優位性を持っていることが窺える <図1>
  • 国別のイメージでは、日本は「技術力がある」、「革新的・先進的な」、「高品質な」などといった製造に関わるイメージを持たれていることが判明。特に、フィリピンとインドネシアにこれらのイメージが強い。これは現在、東南アジア各国において家電などが普及段階にあることが関係していると見られる。一方、「楽しい」、「明るい」、「親しみのある」といった情緒的なイメージは弱い

調査概要

調査手法  : インターネットリサーチ
調査地域  : 日本・ベトナム・フィリピン・タイ・マレーシア・インドネシア
調査対象  : 20~49歳の男女
        各国社会階層分類(SEC) A+B+C1層以上
調査期間  : 2015年2月13日(金)~2015年3月9日(月)
有効回答数 : 1,800サンプル

当社で実施した調査レポートを無料で配布しております。

ダウンロードしたい無料調査レポートの「Download」にチェックをつけて、「ダウンロードに進む」をクリックしてください。

 

全21ページ1418KB