飲食店の利用実態に関する調査 | リサーチ・市場調査・マーケティング

MENU

グルメ

食品や飲料品などグルメに関する調査結果を掲載
2013/9/13

飲食店の利用実態に関する調査

外食産業の市場規模が減少基調にあるなか、話題になっている店、売り上げを伸ばしている店は一定数存在しています。働き盛りの人々は、どのような基準で外食に利用する店舗を選んでいるのでしょうか。
本調査は、昼食、接待、デートなど『シチュエーション毎』に、飲食店選択に際して『参考にした情報』や『行きつけの店舗』を聴取し、飲食店の選択基準を把握することを目的として実施しました。

全15ページ2802KB
新しい飲食店を選ぶ際の決め手は?
利用シーンに関わらず「なんとなく/特に理由はない」が最も多いが・・・主に参考にするのは「グルメ情報サイト」、ランチや飲み会は「クチコミ」も参考に
利用経験のあるグルメ情報サイトは「ぐるなび」「ホットペッパー」「食べログ」に集中
飲食店の利用実態に関する調査 図1

調査結果のトピックス

  • 新しい飲食店を選ぶ際に参考にした情報は、全てのシーンで『なんとなく/特に理由はない』がトップという結果になった。『なんとなく/特に理由はない』を除くと『グルメ情報サイト』が「昼食」、「カフェ」の利用以外でトップとなる。<図1>
  • 新しい飲食店を選ぶ際に重視する点として、「昼食」という日常シーンでは価格重視、「デート」、「記念日」等の非日常シーンでは『雰囲気重視』という結果となる。『店の雰囲気』、『メニューの豊富さ』は女性の方がこだわりが強い。
  • グルメ情報サイトの中での利用経験は、上位3サイト『ぐるなび』、 『ホットペッパー』 、『食べログ』に集中。『ぐるなび』の利用経験率が約8割でトップ、若年層女性は『ホットペッパー』、学生は『食べログ』が人気。

調査概要

調査手法  : インターネットリサーチ(クロス・マーケティングアンケートモニター使用)
調査地域  : 1都3県
調査対象  : 20~59歳 男女、昼食または夕食で外食経験のある人
調査期間  : 2013年8月
有効回答数 :本調査サンプル数: 1,200サンプル(男女別×年齢別で均等割付)

当社で実施した調査レポートを無料で配布しております。

ダウンロードしたい無料調査レポートの「Download」にチェックをつけて、「ダウンロードに進む」をクリックしてください。

 

全15ページ2802KB