サードウェーブコーヒーに関する調査 | リサーチ・市場調査・マーケティング

グルメ

食品や飲料品などグルメに関する調査結果を掲載
2015/8/17

サードウェーブコーヒーに関する調査

アメリカで起こったコーヒーブームのうち、3回目にあたる流れのことをサードウェーブと呼び、話題となっています。厳選したコーヒー豆の使用や鮮度の徹底管理、且つバリスタがドリップで一杯一杯淹れるという本格的なコーヒーであり、海外の人気店が日本に出店し行列ができるなど、盛り上がりをみせています。
本調査では、コーヒー全体の飲料頻度の増減意識を含め、サードウェーブコーヒーの認知率、飲用意向などを調査し、その実態について明らかにしました。

全29ページ2131KB
サードウェーブコーヒー、7割以上が「まったく知らない」
日本定着には【味のこだわりと雰囲気の良さ】がポイントか
カウンターコーヒーは昨年より飲用頻度増加が継続
サードウェーブコーヒーに関する調査 図1

調査結果のトピックス

  • コーヒー飲用頻度の変化について、1年前と比べて【飲む頻度が増えた】(23.8%)、【変わらない】(69.8%)、【飲む頻度が減った】(6.5%)となり、【増えた】との回答が【減った】より17.3%上回っており、コーヒー飲用頻度の増加傾向が見られる <図1> 
  • コーヒー飲用頻度の変化をコーヒータイプ別にみると、1年前と比べて飲用頻度が増えたのは【カウンターコーヒー】のみとなり、カウンターコーヒー人気が継続している現状がうかがえる
  • サードウェーブコーヒーの認知率では、【知っている・計】(どのようなものか知っている+聞いたことがある)が27.1%、【まったく知らない】が72.9%と、サードウェーブコーヒーを知らない人が大多数を占める。 利用意向では、【ぜひとも利用してみたい】(8.6%)、【機会があれば利用してみたい】(39.9%)と、半数近くに利用意向が見られ、その理由としては、【コーヒーがおいしそうだから】が69.6%で最も多く1位に。また、性年代別では女性40代で【雰囲気が良さそうだから】(34.0%)、女性20代の【話題性があるから】(32.0%)と、味以外の部分の重視ポイントも目立つ結果となった

調査概要

調査手法  : インターネットリサーチ
調査地域  : 一都三県(東京、神奈川、千葉、埼玉)
調査対象  : 20~59歳の男女、週に1回以上コーヒーを飲む人
調査期間  : 2015年6月13日(土)~6月15日(月)
有効回答数 : 800サンプル

当社で実施した調査レポートを無料で配布しております。

ダウンロードしたい無料調査レポートの「Download」にチェックをつけて、「ダウンロードに進む」をクリックしてください。

 

全29ページ2131KB