ログイン

調査相談

お見積もり

資料請求

お問い
合わせ

フリーダイヤルでのお問い合わせ

受付時間 平日9:30 - 18:30
0120-198-022

検索

Survey Report
無料調査レポート

クロス・マーケティングで実施した調査レポートを無料で提供しております。 ダウンロードしたい無料調査レポートの「Download」にチェックをつけて、「ダウンロードに進む」をクリックしてください。 カテゴリやタグから調査のテーマや内容別に検索することも可能です。

  • ライフスタイル

料理に関する調査(2021年)

2021 / 03 / 17

#生活 文化,#消費者行動,#トレンド

料理に関する調査(2021年)

株式会社クロス・マーケティング(本社:東京都新宿区、代表取締役社⻑:五⼗嵐幹)は、全国20歳~69歳の男女を対象に「料理に関する調査(2021年)」を実施しました。コロナ禍で、一部の地域では現在も飲食店の時短営業が続いており、自宅で料理をする機会も多いのではないでしょうか。今回は、現在の料理頻度やコロナ前と比較した頻度の変化、料理をすることに対する気持ち、料理に関してコロナ前と変わったことなどを聴取しています。

今回はクイックリサーチ「トレンドeye」として、より速報性を重視した調査となっているため、レポートはございません。クロス集計表がダウンロードできますのでそちらをご覧ください。

70.91 KB (自動取得)

  • コロナ禍の料理事情 半数が“1日1回以上”自分で料理する
  • 「献立を考える」のが最大の悩み
  • 食材のまとめ買いや献立アプリの利用も増加

調査結果トピックス

◆現在の料理頻度を聴取したところ、毎日料理をする人は約半数。

◆コロナ流行前と現在を比較して「料理の頻度が増えた」人は約3割。


自分で料理をする頻度について、約半数が1日に1回以上と回答。<図1>
コロナ流行前と現在の料理頻度を比較すると、3割程度が「増えた」、7割弱が「変わらない」と回答した。<図2>

図1 現在の料理頻度、図2 コロナ流行前と比較した料理頻度の変化

◆料理をすることに対する現在の気持ちでは、献立を考える大変さや後片付けの大変さが多く挙がる。

自分で料理をする人に現在の気持ちを聴取したところ、「献立を考えるのが大変」、「後片付けが大変」といった、準備や片付けの大変さが多く挙がり、特に女性の割合が高い。男性では、「料理をするのは楽しい」と回答した人が4割と最も多く、大変さよりも楽しさが勝っている様子。<図3>

図3 料理をすることに対する現在の気持ちTOP10

◆コロナ流行前と現在を比較して変わったことは、「食材をまとめ買いするようになった」がトップ。

次に、「献立アプリの利用頻度が増えた」、「作ったことのない料理にチャレンジした」と続く。コロナの流行を受け、できるだけ人混みにいかないような工夫をしたり、家にいる時間を活用して新しい料理にチャレンジしている様子がうかがえる。<図4>

図4 料理に関してコロナ流行前から変わったことTOP10

今回はクイックリサーチ「トレンドeye」として、より速報性を重視した調査となっているため、レポートはございません。クロス集計表がダウンロードできますのでそちらをご覧ください。

調査項目

□属性設問
□昨今の状況下で、現在、あなたが 「してもいい」と思う外出を伴う行動
□現在の料理頻度
□コロナ流行前と比較した料理頻度の変化
□料理をすることに対する現在の気持ち
□料理に関してコロナ流行前から変わったこと


調査概要


調査手法 インターネットリサーチ
(クロス・マーケティング セルフ型アンケートツール「QiQUMO」使用)
調査地域 全国47都道府県
調査対象 20~69歳の男女
調査期間 2021年3月12日(金)
有効回答数 本調査1,100サンプル

調査結果は、端数処理のため構成比が100%にならない場合があります

詳細な調査データを無料にて配布しております
調査データは以下よりダウンロードできますので、ご確認ください。

70.91 KB (自動取得)