電力小売りの全面自由化に関する調査 | リサーチ・市場調査・マーケティング

住まい・くらし

生活に関連した調査結果を掲載
2016/3/15

電力小売りの全面自由化に関する調査

電気事業法の改正案成立により、2016年の4月より電力の小売りが全面自由化となりました。これにより、業界を問わずさまざまな企業がサービスやプランを打ち出しています。開始まで数週間となった今、国民は電力小売りの全面自由化について、どのような意識を持っているのでしょうか。
本調査では、認知率や検討意向、電力会社切り替えの重視点について把握し、実態を明らかにすることを目的にネットリサーチを実施しました。

全21ページ1722KB
2016年4月「電力小売りの全面自由化」 開始
電力会社切り替え検討者は約45%
切り替え選択の重視点は「料金の安さ」が大多数
電力小売りの全面自由化に関する調査 図1、図2

調査結果のトピックス

  • 電力会社切り替えの検討意向では【検討意向あり・計】(検討したい+やや検討したい)が45.1%、【検討意向なし・計】(検討したくない+あまり検討したくない)が14.9%となり、検討意向ありの割合の方が多い。検討意向なしの理由では「手続きが面倒だと思う」(41.6%)が最も高い結果に <図1>
  • 電力会社切り替え選択の重視点では、「料金の安さ」(75.8%)が他の項目と比べて圧倒的に多い。以下、「料金メニューのわかりやすさ」(47.0%)、「簡便な手続きで契約できる」(32.2%)と続く <図2>
  • 電力会社を切り替えようと思う減額割合では、全体としては「10%低下」(41.2%)で最も高いが、切り替えの検討意向別でみると【検討したくない】と【わからない】の回答者は「20%低下」で半数弱(44.3~47.6%)が切り替えるとしている

調査概要

調査手法  : インターネットリサーチ
調査地域  : 全国47都道府県
調査対象  : 18~69歳の男女、世帯主およびその配偶者(学生を除く)
調査期間  : 2016年2月17日(水)~2016年2月18日(木)
有効回答数 : 5,000サンプル(全国の性年代別人口構成比に基づいてスクリーニング回収し、回答者から無作為抽出)
調査実施会社 : 株式会社クロス・マーケティング

当社で実施した調査レポートを無料で配布しております。

ダウンロードしたい無料調査レポートの「Download」にチェックをつけて、「ダウンロードに進む」をクリックしてください。

 

全21ページ1722KB