住生活意識とスマートハウス関連サービスに関する調査 | リサーチ・市場調査・マーケティング

住まい・くらし

生活に関連した調査結果を掲載
2014/10/27

住生活意識とスマートハウス関連サービスに関する調査

株式会社クロス・マーケティング(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:五十嵐 幹)は、全国47都道府県に在住する20歳~69歳の男女を対象に、「住生活意識とスマートハウス関連サービスに関する調査」を実施しました。

全15ページ951KB
『スマートハウス』
認知度は66%も、内容理解度は全体の5%

「必要ナシ」&「興味ナシ」が大半を占める現状
具体的な内容訴求が今後の課題
住生活意識とスマートハウス関連サービスに関する調査 図1

調査結果のトピックス

  • 住まいに関する質問から抽出した因子によって定義されたクラスターは6つ。各クラスターのボリュームとして「無関心層」(34.4%)、「住めればよい層」(20.3%)、「郊外・持ち家層」(14.5%)の順に割合が多い <図1>
  • スマートハウスについての認知・関心状況では、何らかのレベルで認知している割合は66.1%だが、内容を理解している割合だと22.7%まで減少。関心度でも、スマートハウスに興味がある割合は65.9%だが、住宅購入の際にそうした設備にこだわる割合は11.1%まで減少

調査概要

調査手法  : インターネットリサーチ(クロス・マーケティング アンケートモニター使用)
調査地域  : 全国47都道府県
調査対象  : 20~69歳の男女
調査期間  : 2014年10月18日(土)~2014年10月19日(日)
有効回答数 : 2,000サンプル

当社で実施した調査レポートを無料で配布しております。

ダウンロードしたい無料調査レポートの「Download」にチェックをつけて、「ダウンロードに進む」をクリックしてください。

 

全15ページ951KB