無料市場調査レポート | リサーチ・市場調査・マーケティング

無料調査レポート

当社で実施した調査レポートを無料で配布しております。
ダウンロードしたい無料調査レポートの「Download」にチェックをつけて、「ダウンロードに進む」をクリックしてください。

  • グルメ
    2015.09.28 アイスクリーム・氷菓に関する調査

    暑い夏。夏になるとアイスをたくさん食べるという方も多いのではないでしょうか。
    本調査では、2015年の夏のアイス食用状況を振り返ると同時に、ブランドのイメージに影響を与えている要素を把握することを目的に市場調査を行いました。

  • 季節・イベント・時事
    2014.12.08 おせちに関する調査

    株式会社クロス・マーケティング(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:五十嵐 幹)は、全国47都道府県に在住する20歳~69歳の男女を対象に、「おせちに関する調査」を実施しました。

  • グルメ
    2014.08.25 プライベートブランドに関する調査(2014年8月度)

    株式会社クロス・マーケティング(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:五十嵐 幹)は、関東圏(1都3県)在住する20歳~69歳の男女を対象に、「プライベートブランドに関する調査」を実施しました。

  • 住まい・くらし
    2011.08.02 この夏を乗り切るための食生活と食べたい野菜に関する調査

    今年の夏は、オフィスや店舗だけでなく、電力消費の3割を占めるといわれる家庭でも、大幅な節電が期待されています。
    連日、35度を超える猛暑日が続くかと思えば、涼しい日が続いたりと、不安定な天候の今年の夏を乗り切れるのか不安を抱いている方や、既に、夏バテ気味の方もいらっしゃるのではないでしょうか。
    今回、この夏を乗り切るために、どのような食生活を送ろうとしているのか、中でも、どのような野菜を食べたいと考えているのかについて、調査を実施しました。

  • 住まい・くらし
    2011.07.28 スーパーマーケットにおける野菜の購入実態に関する調査

    総務省の「家計調査年報」によると、洋食メニューの増加など食生活の変化を背景として、近年野菜全体の消費量は、減少傾向にあります。このような状況に対し、野菜・果物の摂取量目安を伝える『ファイブ・ア・デイ』運動や、農林水産省が推進する『夏ベジプロジェクト』など、民間企業や行政機関による野菜や果物の消費拡大を目的とする取組みがなされています。
    本調査では、毎日食事の支度をすることの多い女性が、野菜を購入する際、事前のチラシチェックや購入する際のコンタクトポイントなど、スーパーマーケットでどのような購買行動をとったのかを明らかにします。

  • 住まい・くらし
    2011.06.10 プライベートブランドに関する調査(2011年6月度)

    「価格が安い割に、ナショナルブランド(以下、NB)と比べても、品質には遜色がない」という点を強みとするプライベートブランド(以下、PB)。経済環境の悪化、そして未曽有の震災後の「品不足」など、消費者を取り巻く環境が大きく変わる中、消費者自身のPBの捉え方や購買行動はどのようになっているのでしょうか。
    全国の男女1,166人を対象に、PBの購入実態を明らかにするための調査を実施し、1年前に実施した調査結果との比較も含めて、レポートしました。

  • 住まい・くらし
    2011.02.21 コンビニスイーツに関する調査

    素材や季節感にこだわった本格的なスイーツが手頃な価格で、しかも、いつでもどこでも楽しめるということから、「コンビニスイーツ」が話題になっているようです。今回は、「コンビニスイーツ」の実態を把握するための調査を実施しました。

  • グルメ
    2010.06.23 プライベートブランドに関する調査(2010年6月度)

    近年、消費不況や商品のコモディティ化などを背景に、消費者の間に定着しているプライベートブランド(以下、PB)ですが、一方で、流通企業のPB商品品目の絞り込みや品目によってはナショナルブランド(以下、NB)との価格優位性も失われつつあります。そのような状況下で、消費者はどのような品目でPBとNBの使い分けをしているのでしょうか?本調査では、PBの購入実態やその満足度を把握することを目的とした調査を実施いたしました。

  • 住まい・くらし
    2009.12.01 特定保健用食品に関する調査

    近年、消費者の健康に対する意識が高まり続けている中、「特定保健用食品」の許可(承認)品目は急速に増え続けています。本調査は、消費者の「特定保健用食品」に関する意識や、購買実態を明らかにすることを目的に行いました。また、今回の調査では自己体型を客観的に評価してもらい、自己評価体型別での特定保健用食品への関与やイメージを探りました。