秋の味覚に関する調査 | リサーチ・市場調査・マーケティング

MENU

グルメ

食品や飲料品などグルメに関する調査結果を掲載
2019/10/31

秋の味覚に関する調査

クロス・マーケティングでは、各業界のマーケティング担当の皆様と生活者の”いま“をつなぐため、毎月特定の業界に焦点をあて、生活者目線での旬なテーマや関心事を取り上げた「生活者理解調査」を実施しています。今回は 「食品・飲料業界」向けに、「秋の味覚」というテーマで調査を行いました。本調査では、2019年現在の秋シーズンにおける消費者の食意識・実態を明らかにすることを目的として、全国47都道府県に在住する20~69歳の男女1000人を対象に「秋の味覚に関する調査」を実施しております。

全ページ9512KB

秋の味覚は世代・性別を問わず「サンマ」が人気。
秋限定商品は6割が女性が購入。
秋の味覚への意識は男女でやや温度差あり。

秋の味覚に関する調査 図1

調査結果のトピックス

  • ■世代・性別を問わず人気の秋の味覚は、「サンマ」
    【秋らしさを感じる食べ物】は、1位「栗」(72%)、2位「さんま」(70%)、3位「柿」(59%)であった。一方、【毎年秋に食べるもの】は、 1位「さんま」(52%)、2位「栗」(38%)、3位「梨」(37%)という結果に。秋の味覚は「サンマ」が世代・性別を問わず定番となっていることが伺える。なお【食べ物以外で秋らしさを感じるもの】を自由回答で聞いたところ、「紅葉」「朝晩の肌寒さ」「月見」といった回答が多くみられた。

  • ■秋限定商品の購入は、男女間でやや温度差あり
    【今シーズンの秋に秋限定商品(食べ物・飲み物)を購入したか】について聞いたところ、全体で4割が「購入・購入予定」と回答。また購入者のうち6割は女性だった。男性の場合は購入・購入予定の割合が少なく、非購入者のうち6割は男性だった。また、男性は女性と比べて、【秋の味覚への想起】や【喫食シーン】・【秋限定商品への購買意欲】や【購買行動】など、どの聴取項目においても「特にない」という回答が多く、秋の味覚や秋限定商品に対して、男女間でやや温度差が伺える結果となった。

  • ■秋限定商品の人気は「スイーツ・菓子類」が上位を独占。今後はスイーツ以外を求める声も。
    【今シーズンの秋に購入した秋限定商品】について購入者に聞いたところ、全体では「スイーツ」「菓子類」が上位を独占した。男女別では、女性は「スイーツ」、購入者全体の割合は少ないものの男性は「刺身・魚料理」「ビール・発泡酒」「炭酸飲料」を購入する傾向。なお、【今後あったらいいなと思う秋限定の食べ物・飲み物】について自由回答で聞いたところ、「秋の果物や芋栗系を使ったスイーツ・お菓子」といった定番のものを求める回答の他、「秋の期間限定のビール・ワイン」などのアルコール類、「新米のおにぎり」「松茸ご飯」などのご飯類、「食欲の秋を満たすようなもの」「糖質制限や食べてもあまり太らないもの」といったコンセプトに関する回答が多数みられた。

調査概要

調査手法  : インターネットリサーチ
調査地域  : 全国47都道府県
調査対象  : 20~69歳の男女 ※食品・飲料・広告・市場調査関連の従事者を除く
調査期間  : 2019年10月15日(火)~17日(木)
有効回答数 : 1,000サンプル
※調査結果は、端数処理のため構成比が100%にならない場合があります

当社で実施した調査レポートを無料で配布しております。

ダウンロードしたい無料調査レポートの「Download」にチェックをつけて、「ダウンロードに進む」をクリックしてください。

 

全ページ9512KB