グローバル化と英語に関する実態調査 | リサーチ・市場調査・マーケティング

ワークスタイル

仕事や働き方に関する調査結果を掲載
2013/12/16

グローバル化と英語に関する実態調査

株式会社クロス・マーケティング(本社:東京都中央区、代表取締役社長:五十嵐 幹)は、全国の20‐49歳の男女を対象に、「グローバル化と英語に関する実態調査」を実施しました。

全20ページ1721KB
学生の約70%が英語に対する意欲があるにも関わらず
海外勤務を希望する会社員は10%以下
また、英語に対する興味・関心は年齢とともに低下
-グローバル化と英語に関する実態調査-
グローバル化と英語に関する実態調査 図1

調査結果のトピックス

  • 職業別にみると、学生の70%が「英語が必要」と回答。学生以外では、年代が上がるほど英語に対する関心は低下している。 <図1>
  • 英語に対する学習意欲が最も高いのは男女ともに学生で、その割合は年代が上がるにつれ低下している。
  • グローバルで働くことに対する意欲について、「海外で働きたい」と思う人は全体で9.8%、「海外との関わりの強い仕事をしたい」と答えた人は全体で21.4%と学習意欲を大きく下回る。

調査概要

調査手法  : インターネットリサーチ(クロス・マーケティングアンケートモニター使用)
調査地域  : 全国 調査対象  : 20~49歳の男女
調査期間  : 2013年11月26日(火)~2013年11月27日(水)
有効回答数 :本調査1,200サンプル

当社で実施した調査レポートを無料で配布しております。

ダウンロードしたい無料調査レポートの「Download」にチェックをつけて、「ダウンロードに進む」をクリックしてください。

 

全20ページ1721KB