無料市場調査レポート | リサーチ・市場調査・マーケティング

無料調査レポート

当社で実施した調査レポートを無料で配布しております。
ダウンロードしたい無料調査レポートの「Download」にチェックをつけて、「ダウンロードに進む」をクリックしてください。

  • グルメ
    2014.07.07 宅飲みに関する調査(2014年7月度)

    株式会社クロス・マーケティング(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:五十嵐 幹)は、首都圏(1都3県)に在住する20歳~69歳の男女を対象に、「宅飲みに関する調査」を実施しました。

  • グルメ
    2012.09.24 第3のビールに関する調査

    ビールや発泡酒とは別の原料・製法で作られた、ビール風味の発泡アルコール飲料「第3のビール」。一般のビールや発泡酒より酒税の税率が低いために低価格で販売されており、近年人気が広がっています。
    当調査は、第3のビールを購入している人を対象にアンケートを実施いたしました。調査対象者を、購入したことを認識している「意識購入者」と、購入したことを認識していない「無意識購入者」に分類し、それぞれから購入時の様子を聴取することで、コンビニエンスストアにおける第3のビールの購入・飲用実態と、購入ブランドごとの購買者の生活価値観を明らかにします。

  • 住まい・くらし
    2012.05.09 アルコールRTDに関する調査

    RTDとは「Ready to Drink」の略語で、そのまますぐ飲める缶チューハイや缶カクテルなどの低アルコール飲料のことです。従来の缶チューハイだけでなく、新フレーバーやノンアルコール飲料など、飲料メーカー各社から次々に新商品が発売され、商品バリエーションは多岐に渡っています。
    競争が激しく、消費者のブランドスイッチの多い市場において、アルコールRTDユーザーはどのような飲み方をしているのでしょうか。本調査では、主要ブランドの市場におけるポジショニングと消費者のアルコールRTD飲用シーン、日常生活意識などを把握することで、アルコールRTDの実態の一端を明らかにします。

  • 住まい・くらし
    2010.12.10 宅飲みに関する調査(2010年12月度)

    自宅や友人宅で飲酒をする「宅飲み」。「宅飲み」の実態に変化はあるのか? 2009年冬に実施した同調査との結果を比較しています。また、昨年より飲料メーカー各社の新商品投入が相次ぎ、競争が激化している「ノンアルコールビール」の飲用実態についても触れています。

  • 住まい・くらし
    2010.07.13 宅飲みに関する調査(2010年7月度)

    2008年のリーマンショック以降、景気の冷え込みが消費者の生活に影響を与えている中、飲酒形態にも様々な変化がみられてきました。“時代回帰を思わせる「ハイボール」の人気復活”や“低価格居酒屋の競争激化”など“外飲み/宅飲み”を取り巻く環境も変化をしています。そのような中、消費者の飲酒に関して変化はあるのでしょうか?本調査では2009年12月に実施した「宅飲み」に関する調査結果との比較を中心に、現在の“外飲み/宅飲み”の実態を明らかにすることを目的に調査を実施致しました。

  • 住まい・くらし
    2009.12.16 宅飲みに関する調査(2009年12月度)

    景気の冷え込みが消費者の生活に影響を与えている中、飲酒形態に関する変化が見られ、飲食店などで飲酒をする「外飲み」が減り、自宅や友人宅で飲酒をする「宅飲み」が増えていると言われています。そこで、実際に「宅飲み」は増えているのか、どのくらいの頻度で行われているのか、「宅飲み」ではどのようなものが飲食されているのか、また、これからの季節柄、「宅飲み」においてどのような鍋料理が食べられているのかにも注目しこれらの聴取を目的として本調査を実施しました。

  • グルメ
    2009.07.30 飲料に関する調査

    昨今、飲料業界においては、消費者の健康・ダイエット志向が高まる中で、低カロリー商品やカロリーゼロ商品が多く登場しています。また、「第3のビール」の種類が増加するなど、商品ラインナップがめまぐるしく変化しています。そのような状況下で、消費者が飲料を選択する際の基準を探るため調査を実施いたしました。