無料市場調査レポート | リサーチ・市場調査・マーケティング

無料調査レポート

当社で実施した調査レポートを無料で配布しております。
ダウンロードしたい無料調査レポートの「Download」にチェックをつけて、「ダウンロードに進む」をクリックしてください。

< 12 3 4 >
  • 消費動向
    2016.11.24 消費動向に関する定点調査(2016年10月度)

    現在の消費者の暮らしの状況を、所得・消費・行動などの観点で過去と比較し、景気動向判断の基礎資料を得ることを目的とし、本調査を定点で実施しています。

    全国1,200人の生活実態や消費動向の推移に加えて、今後の景気の見通しをどう感じているのかといった景況感や、今回の調査では今年9月に発売されたiPhone7/iPhone7 Plusの興味や利用意向なども調査しその実態について明らかにしました。

  • 消費動向
    2016.06.07 消費動向に関する定点調査(2016年5月度)

    現在の消費者の暮らしの状況を、所得・消費・行動などの観点で過去と比較し、景気動向判断の基礎資料を得ることを目的に定点で市場調査を実施しております。
    本調査では、全国1,200人の生活実態や消費動向の推移に加えて、今後の景気の見通しをどのように感じているのかといった景況感や、近年注目を集めているAI(人工知能)の期待や不安などを調査し、その実態について明らかにしました。

  • 消費動向
    2015.11.24 消費動向に関する定点調査(2015年10月度)

    現在の消費者の暮らしの状況を、所得・消費・行動などの観点で過去と比較し、景気動向判断の基礎資料を得ることを目的に定点で市場調査を実施しております。
    本調査では、全国1,200人の生活実態や消費動向の推移に加えて、今後の景気の見通しをどのように感じているのかといった景況感や、現在習い事をしているか、今後習ってみたいものがあるかなどの習い事への意識についても調査し、その実態について明らかにしました。

  • 趣味・嗜好品
    2015.11.16 ゲームセンターの利用実態に関する調査

    様々な街に存在し、小さな子どもから学生、会社員、お年寄りなど多くの人がゲームを楽しむ場所であるゲームセンター。しかし、ゲームセンターも消費増税や家庭用ゲーム機・スマートフォンゲーム等の台頭により閉店する店舗が増えるなど、市場規模は減少傾向にあると言われております。
    そのような現状を踏まえ、今回は、一都三県(東京・神奈川・千葉・埼玉)に在住する方々を対象に、ゲームセンターで遊ぶ・遊ばないゲームのジャンルやゲームセンターの選択基準、満足点・不満点の他、クレーンゲームで遊ぶ理由、獲得したい景品などを調査し、その実態について明らかにしました。

  • 消費動向
    2015.06.08 消費動向に関する調査(2015年5月度)

    株式会社クロス・マーケティング(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:五十嵐幹)は、全国47都道府県に在住する20~69歳の男女を対象に、「消費動向に関する調査」を実施しました。

  • 消費動向
    2014.11.10 消費動向に関する調査(2014年10月度)

    株式会社クロス・マーケティング(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:五十嵐幹)は、全国47都道府県に在住する20~69歳の男女を対象に、「消費動向に関する調査」を実施しました。

  • 消費動向
    2014.03.10 増税に際しての消費動向調査

    株式会社クロス・マーケティング(本社:東京都中央区、代表取締役社長:五十嵐 幹)は、東京都及び全国政令指令都市に在住する20-59歳の男女を対象に、「増税に際しての消費動向調査」を実施しました。

  • 消費動向
    2013.11.12 消費動向に関する調査(2013年10月度)

    株式会社クロス・マーケティング(本社:東京都中央区、代表取締役社長:五十嵐 幹)は、全国の20‐69歳の男女を対象に、「消費動向に関する調査」を実施しました。

  • 住まい・くらし
    2013.10.02 F1層のライフコースとお小遣いに関する調査

    株式会社クロス・マーケティング(本社:東京都中央区、代表取締役社長:五十嵐 幹)は、関東(1都3県)の20‐34歳の女性を対象に、「F1層のライフコースとお小遣いに関する調査」を実施しました。

  • 住まい・くらし
    2013.08.05 高額商品の購入をめぐる意識調査

    昨今、様々な変化が見られる経済事象下において、「アベノミクス」や「消費増税」は消費者にどのような影響を与えているのだろうか?そして、消費者の購入における意識変化とは?
    本調査では、10万円以上の商品購入を「高額消費」と定義し、高額消費の実態から消費者の意識を探りました。

< 12 3 4 >