無料市場調査レポート | リサーチ・市場調査・マーケティング

無料調査レポート

当社で実施した調査レポートを無料で配布しております。
ダウンロードしたい無料調査レポートの「Download」にチェックをつけて、「ダウンロードに進む」をクリックしてください。

< 12 >
  • グルメ
    2017.08.03 アルコールに関する調査

    梅雨も明け夏本番を迎えました。イベントやアウトドアなど野外での活動が活発になる夏は、お酒を飲む機会が増えるという方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、普段どの種類のアルコールを好むのかなどといったアルコール飲用に対する実態を調べるとともに、アルコールを習慣的に飲用する人の特徴を把握するため、ビールの飲用頻度をもとに4つのタイプに分類。各タイプの家や外食でのアルコール飲用率などを聴取し、その実態を明らかにしました。

  • グルメ
    2015.08.17 サードウェーブコーヒーに関する調査

    アメリカで起こったコーヒーブームのうち、3回目にあたる流れのことをサードウェーブと呼び、話題となっています。厳選したコーヒー豆の使用や鮮度の徹底管理、且つバリスタがドリップで一杯一杯淹れるという本格的なコーヒーであり、海外の人気店が日本に出店し行列ができるなど、盛り上がりをみせています。
    本調査では、コーヒー全体の飲料頻度の増減意識を含め、サードウェーブコーヒーの認知率、飲用意向などを調査し、その実態について明らかにしました。

  • グルメ
    2014.08.25 プライベートブランドに関する調査(2014年8月度)

    株式会社クロス・マーケティング(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:五十嵐 幹)は、関東圏(1都3県)在住する20歳~69歳の男女を対象に、「プライベートブランドに関する調査」を実施しました。

  • グルメ
    2014.07.07 宅飲みに関する調査(2014年7月度)

    株式会社クロス・マーケティング(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:五十嵐 幹)は、首都圏(1都3県)に在住する20歳~69歳の男女を対象に、「宅飲みに関する調査」を実施しました。

  • グルメ
    2014.06.23 コーヒーに関する調査

    株式会社クロス・マーケティング(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:五十嵐幹)は、首都圏(1都3県)に在住する20歳~59歳の男女を対象に、「コーヒーに関する調査」を実施しました。

  • 住まい・くらし
    2013.01.15 缶コーヒーに関する調査

    缶コーヒーは、今や「スタンダード」タイプを始め、「ブラック」「微糖」「カフェオレ」など味の多様化や、「朝専用」などの飲むタイミングによるバリエーションなど、購入者の志向や生活スタイルに合わせて種類が豊富となっています。
    当調査では、缶コーヒーを購入している人を対象にアンケートを実施いたしました。調査対象者を、購入したことを認識している「意識購入者」と、購入したことを認識していない「無意識購入者」に分類し、意識購入者には購入ブランドの購入時の様子、無意識購入者には普段の缶コーヒー購入時の様子をそれぞれ質問し、購買行動の差異を検証しました。

  • グルメ
    2012.09.24 第3のビールに関する調査

    ビールや発泡酒とは別の原料・製法で作られた、ビール風味の発泡アルコール飲料「第3のビール」。一般のビールや発泡酒より酒税の税率が低いために低価格で販売されており、近年人気が広がっています。
    当調査は、第3のビールを購入している人を対象にアンケートを実施いたしました。調査対象者を、購入したことを認識している「意識購入者」と、購入したことを認識していない「無意識購入者」に分類し、それぞれから購入時の様子を聴取することで、コンビニエンスストアにおける第3のビールの購入・飲用実態と、購入ブランドごとの購買者の生活価値観を明らかにします。

  • 住まい・くらし
    2012.09.04 栄養ドリンクに関する調査

    近年栄養ドリンク市場においては、定番化している『レッドブル』に加え、今年5月に発売された『モンスターエナジー』など、“エナジードリンク”というカテゴリが形成されていますが、まだ日本では一般的とは言えません。
    そこで今回は、これまで多く販売されている従来型のビン入りの栄養ドリンクと、近年新しく発売された缶入りのエナジードリンクを、容器(ビンと缶)別で比較し、それぞれの飲用実態を明らかにします。さらに、栄養ドリンクをジャンル分けし、の位置づけの現状を把握します。

  • 住まい・くらし
    2012.05.09 アルコールRTDに関する調査

    RTDとは「Ready to Drink」の略語で、そのまますぐ飲める缶チューハイや缶カクテルなどの低アルコール飲料のことです。従来の缶チューハイだけでなく、新フレーバーやノンアルコール飲料など、飲料メーカー各社から次々に新商品が発売され、商品バリエーションは多岐に渡っています。
    競争が激しく、消費者のブランドスイッチの多い市場において、アルコールRTDユーザーはどのような飲み方をしているのでしょうか。本調査では、主要ブランドの市場におけるポジショニングと消費者のアルコールRTD飲用シーン、日常生活意識などを把握することで、アルコールRTDの実態の一端を明らかにします。

  • グルメ
    2011.09.17 缶コーヒーのブランドや購入・飲用シーンに関する調査

    日常的に手に取ったり目に触れる機会の多い缶コーヒー。さまざまなタイプの商品がある中で、「どんな商品を」「誰が」「どのような時に」好んで飲んでいるのか?全国の男女20~69歳を対象に、缶コーヒーのブランドや購入・飲用シーンに関する調査を実施しました。

< 12 >