ログイン

調査相談

お見積もり

資料請求

お問い
合わせ

フリーダイヤルでのお問い合わせ

受付時間 平日9:30 - 18:30

0120-198-022
※モニター様からのお電話でのお問い合わせは受け付けておりません。
アンケートに関するお問い合わせは、お問い合わせフォームもしくはご登録のサイトまでご連絡ください。

検索

Survey Report
無料調査レポート

クロス・マーケティングで実施した調査レポートを無料で提供しております。 ダウンロードしたい無料調査レポートの「Download」にチェックをつけて、「ダウンロードに進む」をクリックしてください。 カテゴリやタグから調査のテーマや内容別に検索することも可能です。

  • ライフスタイル

缶入りアルコール飲料に関する調査(2022年)

2022 / 03 / 30

#生活 文化,#消費者行動,#トレンド

缶入りアルコール飲料に関する調査(2022年)

全国20歳~69歳の男女を対象に「缶入りアルコール飲料に関する調査(2022年) 」を実施しました。手軽にいろいろなお酒が楽しめることで人気の缶入りアルコール飲料。低アルコールで飲みやすいものも近年豊富になってきています。今回は「缶入りアルコール飲料の飲酒頻度」「この春飲みたい缶入りアルコール飲料」「 “ハードセルツァー”認知・飲酒意向」「低アルコール・微アルコール飲料の飲用シーン」について聴取しました。

今回はクイックリサーチ「トレンドeye」として、より速報性を重視した調査となっているため、レポートはございません。クロス集計表がダウンロードできますのでそちらをご覧ください。

74.00 KB (自動取得)

  • アルコール飲料 男性「ビール」女性「果実系チューハイ」
  • ハードセルツァーは4割が「飲んでみたい」

調査結果トピックス

◆缶入りアルコール飲料を飲む頻度は「週1日以上」が35.0%。

男性で「週1日以上」が44.4%と、女性(25.6%)に比べ高く、男性では「週に5日以上」と回答した割合も17.8と高い。また、年代が上がるにつれ飲酒頻度も高くなる。<図1>

図1 缶入りアルコール飲料の飲酒頻度

◆この春飲みたい缶入りアルコールの種類としては、「ビール・発泡酒」が58.8%、「果実系チューハイ・サワー」が55.7%。

男性では「ビール・発泡酒」(69.2%)、女性では「果実系チューハイ・サワー」(66.4%)と傾向が異なる。また、いずれのタイプの飲料も、男性ではアルコール度数5%以上、女性では3%程度が好まれる様子。<図2>

図2 この春飲みたい缶入りアルコール飲料

◆「ハードセルツァー」の認知度は20.0%。認知問わず、飲酒意向は40.4%。

認知度は男性の方が高いが、飲酒意向では男性より女性の方が高く、女性受けが良いと推測される。<図3>

図3 「ハードセルツァー」認知・飲酒意向

◆低アルコール・微アルコールの飲用シーンとしては、食後や入浴後など家でくつろぐときや、酔いたくないけど飲みたいとき、気分転換やストレス発散といった回答が見られた。<図4>

図4 低アルコール・微アルコール飲料の飲用シーン

今回はクイックリサーチ「トレンドeye」として、より速報性を重視した調査となっているため、レポートはございません。クロス集計表がダウンロードできますのでそちらをご覧ください。

調査項目

□属性設問
□昨今の状況下で、現在、あなたが「してもいい」と思う外出を伴う行動
□缶入りアルコール飲料の飲酒頻度
□この春飲みたい缶入りアルコール飲料
□ 「ハードセルツァー」認知・飲酒意向
□低アルコール・微アルコール飲料の飲用シーン


調査概要


調査手法 インターネットリサーチ
(クロス・マーケティング セルフ型アンケートツール「QiQUMO」使用)
調査地域 全国47都道府県
調査対象 20~69歳の男女
調査期間 2022年3月25日(金)~28日(月)
有効回答数 本調査1,100サンプル

調査結果は、端数処理のため構成比が100%にならない場合があります


≪引用・転載時のクレジット表記のお願い≫
本リリースの引用・転載時には、必ず当社クレジットを明記いただけますようお願い申し上げます。
<例>「マーケティング・リサーチ会社のクロス・マーケティングが実施した調査によると・・・」

詳細な調査データを無料にて配布しております
調査データは以下よりダウンロードできますので、ご確認ください。

74.00 KB (自動取得)

Cross Marketing ホーム

無料調査レポート

ライフスタイル

缶入りアルコール飲料に関する調査(2022年)