ログイン

調査相談

お見積もり

資料請求

お問い
合わせ

フリーダイヤルでのお問い合わせ

受付時間 平日9:30 - 18:30
0120-198-022

検索

Data
Marketing

リサーチ会社ならではの“グロースハック”

“行動×意識データ”分析により、顧客インサイトに寄り添った「生きたデータ活用」を支援します

One to Oneマーケティングを実践しようと思っても「行動データ」のみのアプローチでは限界があります。行動の背景にある“意識”が判明していなければステップごとの課題が分からず、顧客目線でのコンテンツプランニングができないからです。
そのため、クロス・マーケティングでは行動データの分析とリサーチによる意識データの視点を掛け合わせた“行動×意識データ”の分析アプローチを中心に行います。企業のあらゆるデータ活用に向けた支援として、顧客視点のデータ統合分析をスモールスタートで始め、One to Oneの施策を意識した高頻度のマーケティングPDCAに貢献いたします。

4割の企業がデータを活用できていない

2019年4月の『働き方改革関連法』施行、2020年のコロナウイルス流行に伴い、限られたリソースの中で今まで以上の成果を出せるように、データ活用を全社的に推進する動きも活発になってきました。しかし、実際にデータを活用できている企業は5~6割程度とまだまだ十分とはいえず、プロジェクトの推進に課題を感じる企業が多いようです。

データ活用に関する意識 【普段データに触れる機会のある就業者ベース】(n=1,100)

データマーケティングとは

データマーケティングとは、経営・マーケティングの意思決定を勘と経験に頼るのではなく、データを収集・分析することで、事業推進の精度とスピードを向上させることを指します。データマーケティングのトレンドとして、デジタル×個人特定のマーケティング手法に注目が集まっておりますが、弊社では、上記活動のご支援に加え、オフライン中心の事業やID付きデータがないような場合にも、ネットリサーチ・定性調査などによるデータマーケティングのご提案を行っております。

顧客起点×データ・ドリブンな分析による支援

弊社のデータマーケティング事業では、顧客起点での課題対応を目的とし、データ・ドリブンな第三者機関としての分析を通じた部署横断のプロジェクト支援を行っております。

データマーケティング事業の支援領域

新規事業の戦略立案やCRM運用の見直しなど、 データを活用したマーケティング活動全般の意思決定に関わる領域にて、 PoCから実運用までプロジェクトの伴走をさせていただいております。

データマーケティング領域の課題に幅広く対応

プロジェクト事例

株式会社コメ兵様

日本最大級のリユースデパート「KOMEHYO」にて、店舗スタッフが対応できていない顧客の定着化を目指し、分析。CRM運用見直しに繋げる。 事例:コメ兵様ロゴ 事例:コメ兵様

日本鞄材株式会社様

“スーツケースレンタルサービス”「R&Yレンタル」のさらなる成長のために分析を実施。自社の顧客構造を把握し、施策に繋げる。

事例:日本鞄材株式会社様 事例:日本鞄材株式会社様

その他支援実績

LTV・定着率による比較 - カスタマージャーニー型データ分析

レジャー事業会社様:リピーターのLTV向上分析

背景・目的
ロイヤルカスタマー離反防止のためのCRM戦略の設計
ご支援内容
ID-POS分析、ロイヤルカスタマーへのリサーチの実施、テストマーケティングのご支援
ご支援の効果
テストマーケティングを通じ、CRM戦略やデータ活用戦略を具体化できた

データの統合・見える化 - BI Cross

通信事業会社様:デイリー調査のBI運用支援

背景・目的
デイリーキャンペーン調査のスピーディーな結果の把握および社内共有
ご支援内容
BIツール(Tableau)によるダッシュボード作成支援ならびに日次でのデータ変換対応
ご支援の効果
調査終了同日中に、調査結果をアウトプット・共有可能な環境の実現

分析ツールのレクチャー - BI Cross

飲料メーカー様:研修によるアンケートデータのBI活用支援

背景・目的
導入済みBIツール(Tableau)上で、過去実施したブランド調査データの可視化をしたい
ご支援内容
Tableau上におけるアンケートデータの活用に関する社内レクチャーの実施
ご支援の効果
自社内でアンケートデータを用いたダッシュボードの作成が可能に

効果測定支援 - Cross Trace

メディア運営会社様:サイト来訪者に対するブランドリフト調査

背景・目的
広告出稿主様に対し、広告効果の説明をするための資料を作りたい
ご支援内容
Cookie Syncによるサイト来訪者へのアンケート調査と指標の算出
ご支援の効果
具体的な数字をもとに媒体価値のご提示ができるようになった

データマーケティングに関する情報発信

アプローチツール

  • Cross Trace

    Cross TraceCross Traceは属性データ(パネル)×行動データ(Webアクセスログ)×意識データ(アンケート)の 分析を通じ、お客様の最適なデジタル・マーケティングの実現をサポートする一連の調査アプローチです。

  • BI Cross

    BI Crossこれまでクロス・マーケティングが培ってきたデータ分析・レポーティングのノウハウと、データ前処理などのエンジニアリング技術を掛け合わせた、分析プラットフォーム構築支援サービスです。

  • カスタマージャーニー型データ分析

    カスタマージャーニー型
    データ分析
    顧客データを統合して時系列で可視化、マクロとミクロ両方の視点から顧客像を解明します。

  • データストーリーボード

    データストーリーボードリードジェネレーション、リードナーチャリングのためのコンテンツ改善を支援いたします。

BI道場

関連コラム

  • データマーケティングのツールや活用法
    マーケティングコラム

    データマーケティングのツールや活用法

    消費者行動から得られる膨大なデータを活用し、消費者が何を求めているかといった性向を数値的に把握してビジネスに生かすデータマーケティングは現代ビジネスの重要な戦略になっています。目的にかなったシステムツールや、それを自在に活用できる人材を配置すれば、営業力や財務力の向上が期待できます。しかし適正なシステムツールではなかったり、有能な人材がいない場合は十分な効果が得られなかったりする場合もあります。事業の分野や規模に応じて適切なシステムの導入や手法を確立し、何のために活用するのかという目的意識を明確にした人事戦略を進めることがポイントになります。

    2019 / 10 / 10

  • カスタマージャーニーマップ作成ポイントと有効活用法
    マーケティングコラム

    カスタマージャーニーマップ作成ポイントと有効活用法

    顧客であるユーザーの消費行動はどんどん多様化しています。消費者の思考やニーズを把握し、素早く適切な形で応えることがビジネスを勝ち抜く道です。それにはさまざまな分析手法がありますが、カスタマージャーニーマップもその一つです。ターゲット層に魅力を感じてもらえる製品やサービスを提供するためには、企業側ではなくユーザー視点も踏まえてビジネス戦略を立てることが重要となってきます。

    2019 / 07 / 04

  • デジタルマーケティングにおけるビッグデータのマイニングと活用法
    マーケティングコラム

    デジタルマーケティングにおけるビッグデータのマイニングと活用法

    インターネットの普及によって、人々がパソコンや携帯電話を通してネットを利用する時間は、以前と比べてかなり増えています。今や人々の生活は、インターネットなしでは機能しないといっても決して大げさではありません。そのような観点からマーケティングに関しても、オフラインよりもオンラインマーケティングを重視する企業が多くなっています。この記事ではデジタルマーケティングについて、またビッグデータやマイニングとその活用法を検証していきます。

    2018 / 06 / 28

Cross Marketing ホーム

クロス・マーケティングの特長 データマーケティング