ログイン

調査相談

お見積もり

資料請求

お問い
合わせ

フリーダイヤルでのお問い合わせ

0120-198-022

検索

Data
Marketing

リサーチ会社ならではの“グロースハック”

“行動×意識データ”分析により、顧客インサイトに寄り添った「生きたデータ活用」を支援します

One to Oneマーケティングを実践しようと思っても「行動データ」のみのアプローチでは限界があります。行動の背景にある“意識”が判明していなければステップごとの課題が分からず、顧客目線でのコンテンツプランニングができないからです。
そのため、クロス・マーケティングでは行動データの分析とリサーチによる意識データの視点を掛け合わせた“行動×意識データ”の分析アプローチを中心に行います。企業のあらゆるデータ活用に向けた支援として、顧客視点のデータ統合分析をスモールスタートで始め、One to Oneの施策を意識した高頻度のマーケティングPDCAに貢献いたします。

リサーチ会社ならではの“グロースハック”

データ活用のゴールは『データの箱(プライベートDMP/CDP)の構築』ではありません。当社では、大規模なシステム構築よりも、顧客インサイトに寄り添った「生きたデータの活用」によるOne to Oneマーケティングの実行に重きを置いて提案しております。“顧客視点”でのデータ統合分析をスモールスタートで始め、高頻度のマーケティングPDCAを回す支援をいたします。

行動データも意識データもあらゆるデータを活用して顧客インサイトを解明

ツールを導入して実践しようと思っても「顧客データ」のみでは限界があります。「顧客データ」は過去の行動の履歴。その背景である“意識”=“課題”が分からないと施策立案ができないからです。そこで、クロス・マーケティングではお客様の保有する行動データとリサーチによる意識データを掛け合わせた“行動×意識データ”の分析メソッドの提供を始めました。

データドリブン×顧客志向でお客様に寄り添うデータ活用パートナー

お客様に寄り添うデータ活用パートナーとして、(1)デジタル・アナログを問わず、あらゆる施策の基礎としてデータドリブンな課題解決を志向、(2)大規模なシステム構築よりも、顧客思考でのデータ分析体制の定着を優先、(3)現場に即したアジャイル型の改善を繰り返すことで、お客様にとって理想のデータ運用を実現する、独自のポジションを目指します。

フルカスタマイズのサービスとパッケージサービスの2ラインを用意

1つ目のフルカスタマイズサービスは、組織横断でデータを統合し、顧客軸での時系列データ分析を繰り返しながらOne to One施策における有望セグメントを特定して、隔週のディスカッションで分析・施策立案を繰り返し、マーケティングPDCAを回していく『カスタマージャーニー型データ分析』です。
2つ目のパッケージサービスとしては、行動データを捕捉している顧客にアスキングによって意識(=パーセプション)データを付加することで、カスタマー化する前の不透明なリードを不信/不要/不適/不急の4セグメントに分けて顧客視点でのコンテンツ出し分けを実現する『データストーリーボード』を用意しております。

(1)カスタマージャーニー型データへの変換

プロジェクトの最初に様々な形式のデータをまとめて読み込み、ETLツールにて「カスタマージャーニー型データ」に変換します。この処理を行う上で、データの構造上の問題を洗い出し、適切な補正処理も行っていきます。

(2)アスキングによって顧客と課題を具体化

行動データのみでは、データの存在しない休眠期間に何があったか分からないという限界があります。フラグ化した顧客の心理面での違いをアスキングによって捉え、顧客を具体化していきます。“個票”に紐づけて生の声を聴取することで、課題が明らかになります。

(3)統合データによる踏み込んだテストマーケティング

テストマーケティングで施策の採用可否の判断を行う際、施策を行わない「コントロールグループ」を設け、施策実行グループと比較・検証を行います。開封率やクリック率といったKPIは、複数のメール間の比較に留まることが多いため、顧客ごとの過去の状況を整理できる本分析では、施策により態度変容が起こったかどうかまで踏み込んで検証をします。

(1)パーセプション・チェンジによる工程別の課題発見

マーケティングの基本はパーセプション・チェンジです。顧客の心理的な障壁=パーセプションを取得し、工程別の課題を発見します。行動データ軸にパーセプション設問を掛け合わせることで、施策設計に必要な現状の課題を明らかにします。

(2)部署のミッションにフォーカスした分析

今よりも効率的なデジタルマーケティングのPDCA実現に向け、部署ごとのミッションにフォーカスします。行動データの軸は、各部署でご利用のツールで設定しているものをそのままお使いいただけます。

(3)ヒートマップによる探索的かつ直観的な分析(オプション)

分析結果の読み解きを直観的に行いたい方向けに、データの傾向が直観的に分かるヒートマップ形式でも提供できます。任意の軸をプルダウンで設定して探索的かつ直観的にデータを読み解くことが可能です。

データマーケティングの主な実績例

以下の主な実績以外にも、行動データ、意識データを対象に様々なデータ分析サービスを提供しております。

業界 目的 手段 データの種類
サービス業 リピート顧客育成のため、取得元の異なるサービス購入データを統合分析する。 カスタマージャーニー型データ分析 購入履歴、Webログ、メールログ
通販業 目的の異なる定点調査それぞれに対する、Tableauダッシュボード化を支援する。 BI Cross(調査データのBIツール取り込み・ダッシュボード構築代行)、Excelマクロ開発 調査データ、商品管理マスタ
通信業 インサイドセールスを目的とした、コールセンターの月次分析の効率化を支援する。 Excelマクロ開発(文字列情報の処理、顧客マスタの作成、グラフ自動作成) 架電履歴、外部法人データベース
製造業 作業内容の異なる拠点ごとに適正人員数を算出する。 ETLツールを利用したデータ加工&統計分析による計算式作成。 勤怠履歴、案件工数履歴
嗜好品業 会員のライフタイムバリュー向上のため、サイトのKPIを策定する。 定性調査(FGI)にてラダリング分析、その後定量調査にて共分散構造分析(SEM)を実施。 調査データ

アプローチツール

  • Cross Trace

    Cross TraceCross Traceは属性データ(パネル)×行動データ(Webアクセスログ)×意識データ(アンケート)の 分析を通じ、お客様の最適なデジタル・マーケティングの実現をサポートする一連の調査アプローチです。

  • BI Cross

    BI Crossこれまでクロス・マーケティングが培ってきたデータ分析・レポーティングのノウハウと、データ前処理などのエンジニアリング技術を掛け合わせた、分析プラットフォーム構築支援サービスです。

  • カスタマージャーニー型データ分析

    カスタマージャーニー型
    データ分析
    顧客データを統合して時系列で可視化、マクロとミクロ両方の視点から顧客像を解明します。

  • データストーリーボード

    データストーリーボードリードジェネレーション、リードナーチャリングのためのコンテンツ改善を支援いたします。

  • Social Cross

    Social CrossSNS解析ツールを活用し、リサーチャーがインターネット上のクチコミを収集し分析。新商品を上市した際に、販売ログからだけでは分からない生活者のリアルな声をTwitterやレビューサイトのクチコミから収集/分析し、第一報として提供します。

関連コラム

  • データマーケティングのツールや活用法
    マーケティングコラム

    データマーケティングのツールや活用法

    消費者行動から得られる膨大なデータを活用し、消費者が何を求めているかといった性向を数値的に把握してビジネスに生かすデータマーケティングは現代ビジネスの重要な戦略になっています。目的にかなったシステムツールや、それを自在に活用できる人材を配置すれば、営業力や財務力の向上が期待できます。しかし適正なシステムツールではなかったり、有能な人材がいない場合は十分な効果が得られなかったりする場合もあります。事業の分野や規模に応じて適切なシステムの導入や手法を確立し、何のために活用するのかという目的意識を明確にした人事戦略を進めることがポイントになります。

    2019 / 10 / 10

  • カスタマージャーニーマップ作成ポイントと有効活用法
    マーケティングコラム

    カスタマージャーニーマップ作成ポイントと有効活用法

    顧客であるユーザーの消費行動はどんどん多様化しています。消費者の思考やニーズを把握し、素早く適切な形で応えることがビジネスを勝ち抜く道です。それにはさまざまな分析手法がありますが、カスタマージャーニーマップもその一つです。ターゲット層に魅力を感じてもらえる製品やサービスを提供するためには、企業側ではなくユーザー視点も踏まえてビジネス戦略を立てることが重要となってきます。

    2019 / 07 / 04

  • デジタルマーケティングにおけるビッグデータのマイニングと活用法
    マーケティングコラム

    デジタルマーケティングにおけるビッグデータのマイニングと活用法

    インターネットの普及によって、人々がパソコンや携帯電話を通してネットを利用する時間は、以前と比べてかなり増えています。今や人々の生活は、インターネットなしでは機能しないといっても決して大げさではありません。そのような観点からマーケティングに関しても、オフラインよりもオンラインマーケティングを重視する企業が多くなっています。この記事ではデジタルマーケティングについて、またビッグデータやマイニングとその活用法を検証していきます。

    2018 / 06 / 28

Cross Marketing ホーム

クロス・マーケティングの特長 データマーケティング